ホーム > CSR
CSR

CSRの基本的な考え方とその取り組み

 ダイセルグループでは、企業存続の根幹をなす法令遵守を始めとした企業倫理活動と『モノづくり』に欠かせないレスポンシブル・ケア活動を二つの柱とし、行動方針あるいは行動規範の実践そのものを、CSR活動と位置づけています。
 また、CSR活動は、特定の個人や組織のみによる活動ではなく、ダイセルグループで働くすべての者が取り組む活動と考えています。

 当社では、取り組みの内容や課題について、経営層によるトップマネジメントレビューにて報告・議論が毎年度末になされます。そして決定された重点取り組み課題に基づき、各部門にて活動を行います。
 各部門では取り組みの核となるCSR推進委員が任命されており、その方々を中心として教育・研修を始めとした各種取り組みが行われています。行動規範の実践を全員で取り組むために、各部門あるいはさらに小さな活動単位で、行動規範の各項目について「具体的行動目標」を期首に定め、期末に振り返りを行っています。

 全社横串の機能として、CSR推進委員の懇談会やイントラネットを用いて、情報(社会の動き、法令改正、教育研修資料など)を共有化したり、お互いの活動を報告しあって活用しています。

企業倫理
ダイセルは、企業倫理を社員一人ひとりに浸透させることが経営上の重要な課題と考え、その推進に全社をあげて取組んでおります。
レスポンシブル・ケア活動
持続的発展可能な社会の実現をめざし、全社をあげてレスポンシブル・ケア活動に取り組みます。
品質保証
社員一人ひとりが一丸となって、安心と安全をお約束できる製品やサービスをお届けすることを使命とし、信頼できるモノづくりを実践します。
CSRライブラリー
過去の「CSR報告書」「環境安全・社会報告書」「環境・安全報告書」をご覧いただけます。