ホームCSR > 品質保証

品質保証

 ダイセルグループでは、「モノづくり」にこだわる企業グループとして、社員ひとりひとりが目指すべき姿として、以下の「品質方針」を定めています。

【ダイセルグループ品質方針】

ダイセルグループは、社員ひとりひとりが一丸となって、安心と安全をお約束出来る製品やサービスをお届けすることを使命とし、信頼出来るモノづくりを実践します。

    そのために
  • ◆ 常にお客様の声に耳を傾け、信頼と満足をお届けします。
  • ◆ 求められる品質は何か、常に考え、その実現を追求し続けます。
  • ◆ 法令、及び必要な規制要求事項を遵守します。
  • ◆ 常にお客様目線で物事を見つめ、自ら行動します。
 ダイセルグループでは、すべての工場でISO9001やISO/TS16949(自動車産業向けの品質マネジメントシステムの国際規格)など、製品に応じた品質マネジメントシステムの国際規格の認証を受けており、お客様に満足していただける製品の提供に努めています。
 お客様に対する品質保証の責任は、各種の製品を販売する事業カンパニー、グループ企業が担っており、定期的に事業カンパニーあるいはグループ企業の責任者と工場が参加する品質保証会議を開催し、お客様からのご要望やご指摘を共有化するなど、製品品質の維持管理や改善に努めています。
 2015年度には、独立した立場で、コーポレート、事業カンパニー、工場、グループ企業の改善の実行を促すことを目的に、社長直属の部署として品質監査室を設置しました。モノづくりに携わる部門に対する品質マネジメントシステム監査、品質に関する情報交換の場の設置、ならびに品質情報の集約・解析等に着手しております。
 これらの取り組みにより、お客様から信頼され、より満足していただける製品の提供を目指します。