ホーム > ニュース > 2015年
ニュース
2015/10/27
株式会社ダイセル
特許権侵害訴訟の和解成立に関するお知らせ


 当社が、株式会社ワイエムシィ(社長:三浦 晃義)に対し、同社製品が当社の特許権(特許第3746315号)を侵害するとして提起していました訴訟について、平成27年10月15日、東京地方裁判所にて和解が成立しました。

 当社は、株式会社ワイエムシィが、同社が販売する光学異性体用カラム/充填剤「CHIRAL ART Amylose-C(旧製品名:YMC CHIRAL Amylose-C)」の製品のうちの一部が、当社が有していた発明の名称を「分離剤」とする特許第3746315号(出願日:平成7年7月6日、優先日:平成6年7月7日、登録日:平成17年12月2日)に係る特許発明の技術的範囲に属していたことを認めましたので、和解に応じることと致しました。尚、両者は、同社が本件特許が無効であると主張してその有効性を争っていたことを相互に確認しました。

 当社は、光学異性体用分離剤、特に多糖誘導体を用いた光学異性体用分離剤に関する多数の技術を開発し、グローバルに権利化しています。当社はこれらの知的財産権(特許など)を極めて重要な経営資源の一つと位置づけており、今後も当社の権利を侵害する行為があれば、速やかに権利主張を行います。

以上
 

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ダイセル CPIカンパニー
電話 : (東日本)03-6711-8221
     (西日本)06-6342-6161