Cellulosic Derivatives

セルロース ダイセルの出発点は、セルロース誘導体の一つである硝酸セルロースを原料とした
セルロイドの製造でした。その技術をベースとして、
セルロイドの不燃化をめざして酢酸セルロースを事業化、
その後、紡糸技術を確立してアセテート・トウの生産を開始しました。
また、セルロース系水溶性高分子などさまざまなセルロース誘導体の生産へと拡大し、
くらしの中のさまざまなところで役立っています。