メディカルSBU

医薬品開発のためのキラルカラムのリーディングサプライヤーとして、キラルカラムの販売、キラル受託分取サービス、高純度キラル試薬の開発・販売を中心としたビジネスをグローバルに展開し、キラル新薬の研究開発に貢献しています。

Business Units
  • Analytical Tools BU 
  • Pharma Service BU
  • Specialty Chemicals BU
  • Biotech BU
CPI Company

主要製品・サービス

Analytical Tools(AT)BU -キラル事業を軸に分離・分析市場で新たな価値提供へ-

  • キラル・アキラル用カラム/充填剤
  • 新規分析ツール

Pharma Service(PS)BU -製薬市場での開発を加速させるサービスを提供する事業へ-

  • 分析/精製/合成/製剤サービス

Specialty Chemicals(SC)BU -医薬品開発用試薬・標品のグローバルサプライヤーへ-

  • キラル試薬、バイオ試薬
  • 分析用標品

Biotech(BT)BU -診断市場を中心に製品・サービスを提供する事業へ-

  • DNAとRNAをベースとしたプローブ

海外拠点一覧

Pick Up!

薬の副作用の原因と考えられる成分と、薬として有効な成分とを分離する技術を製品化したものがキラルカラムです。地球上の物質には、そっくりなのに性質が異なる、私たちの右手と左手のような物質があります。例えばグルタミン酸ソーダでは、“うまみ”を感じさせる物質と、そっくりだけど“うまみ”を感じさせない物質の両方が存在します。自然界では、このような物質は片方だけで存在していますが、人工的に造り出す場合、「右手」と「左手」両方ができてしまうのです。この「右手」と「左手」が混ざったものをラセミ体、いずれか一方だけのものをキラル体と言います。
キラルカラムに「右手」と「左手」が混ざったラセミ体を入れると、出てくる時間差で「右手」と「左手」を分離することができます。そっくりな物質を分離することができるこの画期的な技術は、医薬品分野をはじめとする世界中の様々な分野で使用されています。

キラル体/右手“A” キラル体/左手“B”

関連サイト

Cookieの使用について

当ウェブサイトでは、より快適にウェブサイトをご利用いただくため、Cookieを利用しております。当ウェブサイトをご覧いただく際は、Cookieの使用に同意ください。なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、Cookieの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。

詳細はこちら