エンジニアリングプラスチック

エンジニアリングプラスチック

Engineering Plastics

これらエンジニアリングプラスチックは、自動車の軽量化・低燃費化、パソコンや携帯電話などの電子機器の高性能化など、社会の発展と人々の豊かなくらしに役立っています。
  • ポリアセタール(POM)
    ジュラコン
    歯車やねじ、軸受けなどの機械要素部品を中心に、AV機器、OA機器、家電製品、自動車部品、住宅設備など幅広い分野で活躍しています。
  • ポリブチレン・テレフタレート(PBT)
    ジュラネックス
    寸法安定性、電気絶縁性に優れており、電子部品、OA機器のキーボードや電話機などの機能部品、車載用エレクトロニクス部品やアウタードアハンドルなどの自動車部品、医療機器、住宅資材、精機器など身近な製品に数多く採用されています。
  • ポリフェニレン・サルファイド(PPS)
    ジュラファイド
    電気的特性に優れ、極めて高い機械的強度と耐熱性を備えたPPSは、電子部品に限らず、OA機器、AV機器などの機能部品や自動車部品にその優れた特性が活かされており、今後は、自動車電装部品や住宅関連部品を中心にいっそうの成長が期待されています。
  • 液晶ポリマー(LCP) ラペロス
    ラペロス
    金属に迫るエンプラ “次世代のスーパーエンプラ”です。AV機器・OA機器部品、情報機器や音響製品、表面実装電子部品など用途の拡大が進んでいます。