MSD共育センター

安全と品質の確保

MSD共育センター

共育センターの目的と概要

 特機・MSDカンパニーは、長年にわたり火工品(パイロテクニックデバイス)で蓄積してきた技術をベースに自動車エアバッグ用インフレータやシートベルトプリテンショナー用ガス発生器(PGG)等の開発・生産・販売を行い、グローバルに事業を展開しています。
 化学プラントにおける「プロセス型生産」とは異なるモノづくりを行うことから、「組立加工型生産」における人材育成を担う機能として、「ダイセル・セイフティ・システムズ(以下DSS)人材開発センター」として設立されました。グローバル生産が拡大していく中で、2018年からは、カンパニーのヘッドクォーター組織として、「MSD共育センター」と名前を改め、MSD事業の成長を担うモノづくり人材の育成に取り組んでいます。

三村 隆夫
MSD共育センター(播磨工場)

MSD共育センター(播磨工場)

高品質・高効率生産体制

 組織の名前に用いている「共育」の文字には、
①組織や拠点を越えて連携し、共に成長する
②上司、部下、同僚が支えあい、共に高みを目指す
③教える側、教えられる側が、共に学び成長するといった意味を込めています。
 そして、ダイセルグループの人事方針にある「人は成長の基礎」、人の成長と可能性が企業の成長を支えるという考え方を基本に、4つのミッションを掲げ取り組みを行っています。

①DSSモノづくり人材育成
②MSD技術開発部門のモノづくり教育
③グローバル人材育成
④播磨工場の安全教育

DSSモノづくり人材育成

 DSSは、自動車エアバッグ用インフレータの主力となる国内拠点として、播磨工場で製造を担っています。「安全と品質」を第一に、①高効率な生産を実現する自動化ラインの構築、②多技能工化によるフレキシブル生産ラインの構築、そして、③先進のIoT技術を駆使した統合管理システムの構築という3つを柱に、モノづくり力の強化と成長に挑戦しています。そして、それらを実現していく「人材の育成」に力を入れ取り組んでいます。
 MSD共育センターでは、独自の教育体系を構築し、①新人、オペレータ、監督者、リーダといった階層別教育、②それぞれの職種に応じたモノづくりの技術と技能を習得する専門教育、③特殊工程・重要工程における資格認定制度等の推進を行っています。
 教育内容については、TPS(トヨタ生産方式)をベースとした標準作業教育やIE、品質統計、問題解決手法、設備保全など、モノづくりに必要な知識と技能を、座学だけではなく実践や体験を通じて身に付けます。
 また、教育を行う場として、教育実習室のほか、組立技能道場、保全技能道場、安全道場の3つの道場を有しています。「道場」と名づけている理由には、単に教育を受ける場ではなく、自己と向き合い、社員自らが主体的に鍛練し、技(わざ)を磨く場としてもらいたいとの思いがあります。

組立技能道場

 インフレータ組立の作業訓練やトレーナーの育成を行う道場です。
 派遣社員や新入社員の導入教育を、模擬訓練機を使って訓練しています。一定レベルの知識と技能を身に付けてから生産ラインに入ることで、安全と品質を守り、作業性を確保する仕組みとしています。また、それぞれの品種や作業に対応した模擬訓練機を使って、フレキシブルな生産体制を行っていくための多能工の教育も行っています。その他にも、オペレータを対象とした作業トレーナーの育成と認定、重要工程である外観検査員の認定等も、この道場で実施しています。
 道場には、座学を学ぶ「教育エリア」とさまざまな模擬訓練機を設置した「実技エリア」があり、技能向上と資格認定に取り組んでいます。

組立技能道場・模擬訓練機での実習風景

組立技能道場・模擬訓練機での実習風景

保全技能道場

 設備保全技術と技能の習得を図る道場です。
 電気・機械の基礎知識、穴あけやタップ立て等の機械加工の実習、電気配線やはんだ付け、シーケンスプログラムの演習などの訓練を行っています。
 研修には、製造部門の保全キーマンを育成する「ラインキーパー養成コース(6ヶ月間)」と日々のメンテナンスや簡単なトラブルに対応する「マシンキーパー養成コース(10日間)」があります。
 「ラインキーパー養成コース」では、研修の仕上げとして、訓練設備を部品から組み上げ、シーケンスプログラムの作成から動作確認、完成させるまでの実践的な訓練を行っています。実際に設備を自分達の力で組み上げていく過程で、設備の調整ポイントや保全に必要な実践的なスキルを身に付けていきます。
 その他にも、訓練機に仕込んだ故障を解決するトラブルシューティングの教育、X-Yロボットや多軸ロボットのティーチング教育など、設備保全力の向上と技能の伝承に取り組んでいます。

保全技能道場・電気保全キットでの演習風景

保全技能道場・電気保全キットでの演習風景

保全技能道場・訓練設備の組立実習風景

保全技能道場・訓練設備の組立実習風景

安全道場

 安全と向き合い、安全の教育を行う道場です。
 道場での訓練については、播磨工場のサイト教育として、当社社員をはじめ、派遣社員やグループ会社の社員も含めた播磨工場に勤務する全社員約1,600名を対象に実施しています。2017年5月から訓練を開始し、延べ10,000人が道場での訓練を受講しています。
 安全道場には、①過去の労災に学び、安全と向きあい、鍛練を積む「神聖」な場②工場のルール、規則をしっかりと守る習慣を身に付ける場③安全に対する感性と正しい知識を身に付ける場としての目的があります。
 道場には、播磨工場で発生した過去の労働災害の資料や写真を展示する「安全の歩みエリア」と体感訓練機を設置し教育を実施する「訓練エリア」があります。
 「訓練エリア」は、5つのゾーンに分かれており、挨拶や身だしなみや横断歩道での指差呼称など、工場生活でのルールを守り、習慣化していく①工場のルールのゾーンと②基本動作のゾーン、生産活動に必要な安全知識を体感訓練により身につけていく③運転操作のゾーンと④動作体験のゾーン、そして、全員で安全に向けた唱和を行う⑤安全の誓いのゾーンによって構成されています。

安全道場・訓練エリア

安全道場・訓練エリア

 道場には、火薬を取り扱う事業所であることから、静電気による爆発の危険を体験し除電の大切さを学ぶ静電爆発体感機をはじめ、Vベルト巻き込まれやエア残圧体感機、階段昇降体験設備等の体感装置を設置しています。
 道場での訓練は、20人程度の105のチームに分かれ、それぞれ職場の指導員のリードで実施しています。難しい知識の詰め込みではなく、ゲームのカリキュラムを取り入れたり、実際に身体を使っての体験や体感機による訓練を行うなど、気づきを中心とした教育を行っています。
 3S(整理、整頓、清掃)、挨拶と指差呼称などの基本を遵守し、当たり前のことを愚直に実践する。そして、一人ひとりの「行動」を変える。/変えた行動を「習慣化」する。/労災ゼロの職場を実現していくことで、播磨工場の「安全風土」を全員で築いていくことを目指しています。

安全道場・訓練風景(横断歩道での指差呼称)

安全道場・訓練風景(横断歩道での指差呼称)

グローバル人材育成

 特機・MSDカンパニーの製造は、日本以外に海外5カ国(アメリカ、中国、韓国、タイ、ポーランド)6拠点で展開しています。それぞれの拠点でも人材育成に取り組んでいますが、MSD共育センターでは、グローバル同一の品質と安全を確保するために、重要工程や特殊技能のトレーナーの育成や講師認定も行っています。現在、16名のグローバル講師が誕生しており、それらの講師の下に、各拠点でのトレーナー育成や認定を実施しています。
 最大拠点である中国のDSSC(Daicel Safety Systems (Jiangsu))には、2019年2月に研修センターが完成し、4道場(安全、品質、保全、組立)での教育をスタートし、ポーランドのDSSE(Daicel Safety Systems Europe)にも訓練を行う道場エリアが4月に完成する予定です。
 ダイセルモノづくりの精神を共有し、「安全と品質の確保」を基本に、それぞれの国の文化、拠点規模に応じた形で、人材育成に取り組んでいます。

作業トレーナー講師認定研修

作業トレーナー講師認定研修