ホームCSR > レスポンシブル・ケア活動 > レスポンシブル・ケア基本方針と推進体制

レスポンシブル・ケア基本方針と推進体制

持続的発展可能な社会の実現をめざし、全社をあげてレスポンシブル・ケア活動に取り組みます。
 ダイセルは1995年に日本化学工業協会の「環境・安全に関する日本化学工業協会基本方針」に基づき、「レスポンシブル・ケア基本方針」を制定しました。製品の開発から廃棄に至るすべての事業活動において、環境を保全し、安全と健康を確保することが社会の一員としての責務であり、持続的発展可能な社会の実現をめざし、ダイセルグループをあげてレスポンシブル・ケア活動を推進しています。
レスポンシブル・ケア基本方針
ダイセルは、日本化学工業協会の「レスポンシブル・ケアの実施に関する基準」に従い、すべての事業活動において、環境保全、保安防災、労働安全衛生、化学品安全、物流安全、社会との対話の視点から最善の努力を払い、着実かつ継続的に活動を推進します。
1経営からの方針に基づき、法令を遵守し、環境の保全、健康の増進及び安全の確保に努め、具体的な実施計画を全従業員に周知・実行する。
2製品の開発から廃棄に至るまでの全ライフサイクルにわたり継続して環境・健康・安全のパフォーマンスの向上に努め、施設・プロセス・技術に関わるセキュリティを強化するとともにそれらの成果を社会に公表する。
3省エネルギー及び省資源を一層推進し、廃棄物の削減及びその有効活用に努める。
4サプライチェーンにわたって製品の安全性とプロダクト・スチュワードシップの継続的改善を促進することにより、環境・健康・安全に貢献する。
5化学品の開発・製造から使用・消費・廃棄のライフサイクルにわたり、リスクベースの化学品管理を実践すると共に、常に継続的改善を図り、化学品管理システム強化に努める。
6従業員ならびにバリューチェーンにわたって化学品の取り扱いが安全に管理できるよう働きかける。
7より安全な操業や製品に対するステークホルダーの懸念・期待を理解しこれに応えるとともに、パフォーマンスや製品について率直なコミュニケーションを行うことにより、ステークホルダーとの関係を強化する。
8ステークホルダーの期待に応えるために環境・健康・安全に関する取り組みを当社全グループを挙げて継続的に改善する。
9独自技術や革新的技術、その他のソリューションを開発・提供することにより社会の持続的発展に貢献する。
10将来の世代にわたり自然の恵みを受け続けるために、生物多様性の保全に配慮した活動を推進する。