お客様とともに

お客様満足のために

ダイセルグループは世界に誇れる「モノづくりの仕組み」を構築し、社会やお客様のニーズをしっかりととらえ、最良のソリューションを創造し、グローバルに提供する『ベストソリューション』実現企業になることを目指します。

品質保証

 ダイセルグループは行動方針に、「顧客の満足と信頼を得られる安全で高品質な製品やサービスを提供します」を挙げています。品質に関しては、社員ひとりひとりが一丸となって、安心と安全をお約束できる製品やサービスをお届けすることを使命とし、信頼できるモノづくりを実践します。

【ダイセルグループ品質方針】

ダイセルグループは、社員ひとりひとりが一丸となって、安心と安全をお約束出来る製品やサービスをお届けすることを使命とし、信頼できるモノづくりを実践します。

そのために、

  • 常にお客様の声に耳を傾け、信頼と満足をお届けします。
  • 求められる品質は何か、常に考え、その実現を追求し続けます。
  • 法令、及び必要な規制要求事項を厳守します。
  • 常にお客様目線で物事を見つめ、自ら行動します。

品質向上への取り組み

各工場の品質マネジメントシステム体制

 当社グループでは、すべての工場で国際規格であるISO9001、もしくはISO9001をベースとしたIATF16949など品質マネジメントシステムの認証を受けており、お客様に満足していただける製品の提供に努めています。
 お客様に対する品質保証の責任は、各種の製品を販売する事業カンパニーが担っており、事業カンパニーと工場の責任者が参加する品質保証会議を定期的に開催し、お客様からの要望などを共有し、製品品質の維持管理や改善に関わる議論を通じ、品質マネジメントの仕組みを一体となって運用しています。
 また、各工場では、毎年、品質目標を定め、継続して改善を行うことにより、お客様の満足を得ることを目指しています。それぞれの製造品目に応じた品質に関わる項目を挙げ、CAPDを回しながら改善に取り組んでおり、期末には工場トップがマネジメントレビューにて取り組みの評価を行い、次期へのアクションにつなげています。

*CAPD:計画を起点とした活動では重要な事実を見落としてしまう恐れがあると考え、当社では一般的なPDCAではなく、CAPDを改善サイクルとしています。

品質マネジメントシステム認証取得状況

全社的な取り組み

 当社は2015年度から、コーポレート、事業カンパニー、工場、グループ企業とは独立した立場で、品質マネジメントシステムに対する監査を行い、改善の実行を促すことを目的として、社長直属の品質監査室を設置しました。また、2016年度には、ダイセルグループの全社員が目指すべき姿として、グループ共通の品質方針を定めました。
 これらの取り組みにより、モノづくりに携わる部門に対する監査や品質情報の集約・解析を進め、それぞれの部門が改善を進めることにより、お客様からより一層信頼され、ご安心いただける品質保証体制の確立を目指しています。

さらなる品質向上に向けた新たな取り組みについて

 当社では、お客様の一層の安心と信頼の確保のために、最新技術も先取りしながら、お客様の御期待に応えるべく、継続的品質強化に努めております。
 例えば、播磨工場では、命を守るための大事な製品であるエアバック用インフレータの製造工程に、IoTを活用した画像解析システムを世界で初めて開発、導入しました。
 このシステムにより、ミスを発生させない、かつ作業者に不安を与えない環境を整備するとともに、代表サンプルによる管理から、画像による全数管理を可能とし、品質保証の大幅なレベルアップが実現できるようになりました本システムについては、海外6工場への展開に着手したところです。

詳しくはアニュアルレポート2018の特集でご紹介しています。
「画像解析システムで現場をカエル~IOT、AIを活用した、さらなる品質向上、競争力強化の取り組み~」

なお、アニュアルレポート2018はCSRライブラリーよりご確認いただけます。