会社案内

  • 企業メッセージ
  • 会社概要
  • 沿革
  • 組織図
  • 営業拠点
  • グループ会社一覧

事業案内

  • 当社の3つの事業
  • 包装フィルム
  • 高機能フィルム
  • コート・押出受託
  • ディスポーザブル粘着マット

製品用途例

研究・商品開発

環境・安全活動

お問い合わせ

沿 革

1916年 尼崎市神崎町にて「大阪繊維工業株式会社」を設立。
1919年 セルロイド8社の合併により「大日本セルロイド株式会社」創立し、
同社神崎工場になる。
1932年 包装材料事業に進出すべくセロハン製造を開始。(~1975年)
1951年 独自の塗布技術により樹脂コートによる防湿セロハン製造開始。
MHセルシ(~1975年)
1966年 社名をダイセル株式会社と改称。
1969年 ポリプロピレンフィルム製造開始。セネシPOP
樹脂コートポリプロピレンフィルム製造開始。セネシKOP
1974年 フィルム事業の新たな展開として熱接着フィルム(ナイロン12フィルム)
製造開始。ダイアミドフィルム
1979年 社名をダイセル化学工業株式会社と改称。
2001年 フィルムコート受託ビジネスとして、コート事業推進室を発足。
2004年 ダイセル化学工業株式会社のフィルム事業を分社し、
ダイセルバリューコーティング株式会社を設立。
高機能フィルム事業への新規参入として、
コーティングソリューション営業部を発足。
2010年 神崎工場に株式会社ダイセル機能フィルム開発センターを設置
2014年 神崎工場に株式会社ダイセル先端材料研究センターを設置