株式会社ダイセル特機・MSDカンパニー

Aerospace & Defense Systems / Safety Systems Company
トップページカンパニー紹介 > 事業のあゆみ

事業のあゆみ

設置当時の㈱ダイセル 播磨工場正門
設置当時の㈱ダイセル 播磨工場正門
1950~ 網干化生工場河内分工場(現播磨工場)設立
1953年 ダイセルが発射薬事業に参入
1954年 網干化生工場河内分工場(現播磨工場)設立 発射薬の製造
1957年 ロケット推進薬の試験製造開始
1970~ エアバッグ用インフレータの研究開始
1971年 日本装弾株式会社(現 ダイセルパイロテクニクス株式会社)設立
1980~ ダイセル・セイフティ・システムズ設立
1987年 ダイセル・セイフティ・システムズ (DSS) 設立
1989年 前突用※1 パイロインフレータの生産を開始
アジド系ガス発生剤の生産を開始
1990~ インフレータ 生産数量拡大
1994年 インフレータ生産 累計100 万個突破
1997年 前突用非アジド系パイロインフレータの生産を開始
1998年 前突用ハイブリッドインフレータの生産を開始
1999年 インフレータ生産 累計1,000 万個突破
2000~ インフレータ 生産数量拡大
PGG 生産開始
2000年 米国にDaicel Safety Systems America (DSSA) を設立
側突用※2 ハイブリッドインフレータの生産を開始
イニシエータの生産を開始
2001年 前突用パイロデュアルインフレータの生産を開始
日本化学界 化学技術賞受賞
2002年 タイにDaicel Safety Systems (Thailand) (DSST) を設立
カーテン用ストアードガスインフレータの生産を開始
2004年 ポーランドにDaicel Safety Systems Europe (DSSE) を設立
中国にDaicel Safety Systems (Jiangsu) (DSSC) を設立
米国にDaicel Safety Technologies America (DSTA) を設立
Pretensioner Gas Generator (PGG) の生産を開始
2005年 PGG 生産 累計100 万個突破
タイにDaicel Safety Technologies (Thailand) (DSTT) を設立
インフレータリサイクル事業 (IRC) を開始
2006年 インフレータ生産 累計1 億個突破
2007年 韓国に販売会社としてDaicel Safety Systems Korea (DSSK) を設立
2008年 PGG 生産 累計1,000 万個突破
2010~ 更なる生産能力増強
2011年 韓国に生産・販売会社として新Daicel Safety Systems Korea (DSSK) を設立
米国にDaicel Safety Technologies Processing (DStp) を設立
2012年 Special Devices の全株式を取得、イニシエータ・PGG 生産能力を強化
2013年 DSSK にてインフレータ製造開始
2015年 米国にDaicel Safety Systems America Arizona (DSSA AZ) を設立
2016年 米国にDaicel Safety Systems America Holdings (DSSAH) を設立
2016年 中国にDaicel Safety Technologies (Jiangsu) (DSTC)を設立

※1 前突系 : 運転席用、助手席用の総称
※2 側突系 : サイド用、カーテン用、ニー用の総称