ページの先頭へ戻る

株式会社ダイセル特機・MSDカンパニー

Aerospace & Defense Systems / Safety Systems Company
トップページ製品・サービス > 自動車安全

自動車安全

自動車生産台数の増加と消費者の自動車安全システムに対する意識の高まりとともに、エアバッグ用インフレータの需要は増大し続けています。また、歩行者保護や電気自動車の漏電遮断など、広がり続ける新たなニーズに対応する製品を展開しております。


▼ボタンクリックしてください
  • 運転席エアバッグ用
  • 助手席エアバッグ用
  • サイドエアバッグ用
  • カーテンエアバッグ用
  • ニーエアバッグ用
  • 後席センターエアバッグ用
  • フロントセンターエアバッグ用
  • 歩行者保護エアバッグ用
  • シートベルトプリテンショナー用
  • ポップアップフード用

エアバッグ作動原理

エアバッグ作動原理
エアバッグ作動原理

エアバッグシステムは、衝突を感知するセンサーとその信号でエアバッグを作動させるインフレータ、
および風船のように膨らむバッグで構成されています。
センサーが衝突を感知するとECU(衝突診断回路)に信号が送られ、ECUが衝突と判断すると点火
電流が流れ数ミリセカンドでインフレータが作動。エアバッグが展開し乗員を保護します。

インフレータ構造

エアバッグに求めらるあらゆる性能・品質にお応え するために、現在3つの方式のインフレータを製造 しています。
パイロ方式
火薬の燃焼によりガスを発生する方式
ストアードガス方式
内部の充填ガスを放出する方式
ハイブリッド方式
火薬と充填ガスを組み合わせた方式
パイロ方式
パイロ方式
ハイブリッド方式
ハイブリッド方式

インフレータ

運転席エアバッグ用インフレータ
運転席エアバッグ用インフレータ
正面衝突した際に運転席の乗員を保護する
ガス発生装置。
「パイロ」方式が使用されています。
助手席エアバッグ用インフレータ
助手席エアバッグ用インフレータ
正面衝突した際に助手席の乗員を保護する
ガス発生装置。
「パイロ」方式と「ハイブリッド」方式が使用されています。
サイドエアバッグ用インフレータ
側面衝突した際に乗員の胸や腰を保護するガス発生装置。
「パイロ」方式「ハイブリッド」方式が使用されています。
カーテンエアバッグ用インフレータ
側面衝突した際に乗員の頭部を保護するガス発生装置。
「パイロ」方式「ストアードガス」方式「ハイブリッド」方式が 使用されています。
ニーエアバッグ用インフレータ
ひざ等の下肢部を保護するとともに、姿勢を制御し身体全体への衝撃を緩和するガス発生器
インフレーター

シートベルトプリテンショナー作動原理

シートベルトプリテンショナー作動原理
  1. 衝突時、胸部への圧力を最大限分散させながら、シートベルトがロック
  2. 衝突後、PGG がピストンを押し、プリテンショナ-が瞬時にシートベルトを引張り、乗員をシートに拘束
  3. 衝突後、エアバッグが膨張し頭部と胸部にかかる力を軽減
  4. 同時にフォースリミッターが作動し、シートベルトの張力を適度に緩和

シートベルトプリテンショナー用ガス発生器(PGG)

衝突した際にシートベルトを引き込み
乗員を保護するガス発生器。
「パイロ」方式が使用されています。
シートベルトプリテンショナー用ガス発生器(PGG)
シートベルトプリテンショナー用ガス発生器(PGG)


その他

  • 電流遮断装置

    電流遮断装置

    瞬時にハーネス(導線)を切断する装置。主に自動車(HV、EV)衝突時にバッテリーからの漏洩を防ぐなど、緊急に電気を遮断する必要のある設備や装置への使用が見込まれています。

  • ピンスラスター

    ピンスラスター

    瞬時にピンを押し出す装置。
    自動車衝突時に人員を保護するポップアップフード用アクチュエータなど、緊急時にピンを押し出す必要のある装置への使用が見込まれています。

  • ピンプラー

    ピンプラー

    瞬時にピンを引く装置。
    緊急時にピンを引く必要のある
    装置への使用が見込まれています。