化粧品向け原料ポリグリセリル-4ラウリルエーテルが医薬部外品原料として承認されました

株式会社ダイセル(本社:大阪市北区、社長:札場操)が開発した化粧品向け原料「ポリグリセリル-4ラウリルエーテル(製品名PGLAL ML04、以下ML04)」が、厚生労働省より医薬部外品※1原料として承認されました。
非イオン性の界面活性剤※2であるML04は、泡立ちの良さ、洗浄力の高さに加え、肌荒れなどを起こしにくい(安全性が高い)ことが特徴です。この特徴を生かし、洗顔フォームやボディーソープのほか、ベビー用製品などにも採用されてきました。
医薬部外品原料として承認を受けたことで、美容を目的とした化粧品だけでなく、薬用ボディーソープ、薬用ハンドソープ、薬用ヘアケア製品などの薬用化粧品にも、使用が可能になりました。当社は今後さらに高まる安全性へのニーズを満たすべく、ML04のさらなる拡販を目指すとともに、オイル増粘剤、保湿剤、水溶性油剤、機能性素材などで原料ラインナップを拡充し、化粧品分野への幅広いソリューションを提供していきます。

  • ※1医薬部外品:肌あれ・にきび防止や、美白、デオドラントなどの効果を持つ「有効成分」が配合されているものをいいます。薬用化粧品も医薬部外品に該当し、使用される成分は全て医薬部外品への配合が承認された原料である必要があります。
  • ※2界面活性剤:物質の境界に働いて、性質を変化させる物質をいいます。浸透・乳化・分散の機能により、汚れを落とす能力があり、洗剤や石けんなどに使われます。

以 上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ダイセル 有機合成カンパニー
コスメ・ヘルスケアマーケティング部

一覧に戻る

Cookieの使用について

当ウェブサイトでは、より快適にウェブサイトをご利用いただくため、Cookieを利用しております。当ウェブサイトをご覧いただく際は、Cookieの使用に同意ください。なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、Cookieの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。

詳細はこちら