ニュース

2017/12/15
株式会社ダイセル
米国Genomatica社の天然由来の1,3-BGのアジア太平洋地域におけるマーケティング活動を行います

株式会社ダイセル(本社:大阪市北区、社長:札場操)は、Genomatica社(本社:米国カリフォルニア州サンディエゴ、CEO:Christophe Schilling)が新たに開発し、ICIS Innovation Awardの受賞歴のある、天然由来の1,3-ブチレングリコール(1,3-BG)のアジア太平洋地域におけるマーケティング活動を行います。

天然由来の、持続可能な代替品;Genomatica社の天然由来の1,3-BGは、そのイノベーションが高く評価されています

1,3-BGは、保湿性や肌触り、抗菌性を向上させる目的で、パーソナルケア製品に広く用いられています。さらに、植物エキス、香料向けの抽出剤としても使用されます。Genomatica社はその安全で持続可能な発酵ベースのプロセス技術を用いて、植物由来の糖から1,3-BGを製造しています。 この新しいアプローチは、天然素材に対する需要が高まるパーソナルケア用途で大きな注目を集めています。 Genomatica社の技術と製品は、権威あるICIS Innovation Awardの受賞によって広く知られています。

ダイセルはアジア太平洋地域における1,3-BGの顧客と用途を開拓します

アジア太平洋地域の化粧品市場は急速に成長しており、オーガニック化粧品の需要の伸び率は、化粧品市場の2倍となっています。このマーケティング活動の主な目的は、パーソナルケア市場およびそのほかの市場における、Genomatica社の天然由来の1,3-BGの潜在的な顧客を開拓することです。Genomatica社は2017年半ばから、サンプル品として天然由来の1,3-BGを数トン製造しています。

Genomatica社・副社長Damien Perriman氏のコメント
「ダイセルにはパーソナルケア市場での豊富な経験と知識があります。私たちはダイセルと協業できることを喜ばしく思うとともに、天然で持続可能な素材に関する協力関係を深めていくことを楽しみにしています」

ダイセルについて
株式会社ダイセル(証券コード4202)は大阪に本社をもち、社会のニーズを満たすことで生活の質向上に貢献しています。2016年度の連結売上高は約4401億円(39億米㌦)です。ダイセルグループは世界に約1万人の従業員を有し、セルロース化学、有機合成化学、高分子化学、火薬工学というユニークな技術をベースに、「best solution」を提供しています。より詳しい情報は、企業ウェブサイトhttp://www.daicel.com/をご覧ください。

Genomatica社について
Genomatica社は、生物工学分野で広く知られているリーディングカンパニーです。同社が開発する天然由来のプロセス技術は、汎用的な化学品を、経済性、持続可能性、パフォーマンスを改善した代替原料から製造することを可能にします。Genomatica社はその技術と商業化の達成によって、多くの賞賛を得てきました。「全世界で商業化された中で、最も注目に値する化学分野のエンジニア技術」と評されたKirkpatrick AwardICIS Innovation Awardなどを受賞しています。詳細はhttps://www.genomatica.comをご覧ください。

以 上

<本件に関するお問い合わせ先>

ダイセル: 有機合成カンパニー yuki@jp.daicel.com TEL: 03-6711-8213

Genomatica社: Steve Weiss sweiss@genomatica.com, TEL: +1-858-210-4424