ニュース

2018/09/25
株式会社ダイセル
台湾に光学製品の開発・販売を行う現地法人を設立しました

株式会社ダイセル(本社:大阪市北区、社長:札場操)は、台湾において自社開発ウエハーレベルレンズを活用した光学製品の設計開発・販売を行う拠点として、Daicel Micro Optics Co. Ltd.(略称:DMO)を2018年9月13日に設立いたしました。

当社では、独自開発したウエハーレベルレンズが持つ耐熱性や小型、薄型、微細形状等の特徴をベースに光学製品(レンズ)の事業化を進めており、今後市場成長が見込まれるIoT / センシングの領域での事業拡大を目指しております。

台湾は、半導体産業に関連したエレクトロニクスデバイスのモノづくりや開発拠点として広く認知されています。特に近年、各種センシングデバイスやシステム開発に関する世界のエレクトロニクスメーカーのニーズが集中しております。
当社は、既存・潜在顧客により近い位置に設計開発・販売を行うDMOを設置することで、先端ニーズの獲得や顧客に密着した開発を行い、光学製品事業の拡大と加速を図ってまいります。

<新会社の概要>
【社名】Daicel Micro Optics Co. Ltd. (略称:DMO)
【所在地】中華民国新竹市 (14F.-7 No.295 Sec.2, Kuangfu Rd., East Dist., Hsinchu City 30017, Taiwan)
【設立日】2018年9月13日
【事業内容】光学製品の製造、販売
【代表者】董事長 川崎 本博
【現地責任者】経理人 Lu Chien Feng
【資本金】10百万NTD (約36 . 5百万円)
【出資者】株式会社ダイセル(100%)


以 上


<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ダイセル
IR・広報室
TEL:03-6711-8121