キャリア採用

HOME > キャリア採用 > 先輩社員の声 > 設計・建設からメンテナンスまで

設計・建設からメンテナンスまで

“メンテナンスを熟知したエンジニア”になりたい。その夢が叶いました。
※仕事内容・部署名は取材当時のものです。

Q&A

今のお仕事を教えてください。

福田 浩之
最新式発電設備建設プロジェクトの電気計装エンジニアリングリーダー
今、網干工場で新規に建設されているガスタービン発電設備のプロジェクトにおいて、電気計装のエンジマネージャーとしてプロジェクト全体の遂行にあたっています。この発電設備は世界最高効率の発電量と、低NOx性能を持つ、環境負荷の低減が期待できるシステムなんですよ。
発電所の新規建設はそう頻繁にある仕事ではなく、以前から参画したいという希望がありました。今回その希望がかないとてもやりがいを感じています。
計画の段階から工場の将来を視野に入れて設計する為には、工場内の関係部門や社内外の有識者の意見を取り入れながら進める必要があります。事故が起こったとき、いかに安全に停止させるか。「fail safe」のポリシーで安全には万全を期しています。今は電気計装という枠にとらわれずに活躍できることが嬉しいです。

一番うれしかったことのエピソードを教えてください。

福田 浩之
自らプランニングした設備が計画通りに立ち上がった時は本当にうれしい
前職のエンジ会社ではユーザーから『この仕様で設備を作って欲しい。』といった具体的な要求があって、その仕様にあった設備を作ることが仕事でした。しかし、今は事業計画に合った最適な設備をプランニングすることから始まります。工場に対する愛着といいますか、当社では常に「これまでよりも更に良くしよう。」と皆が考えている。関係部門と一体になってプランニングし、最適な設備を作り上げる。それが計画通りに立ち上がった時はやっぱり感動しますし、この仕事をする醍醐味でもありますね。

当社を選んだ理由は?

メンテナンスを熟知したエンジニアになる。その希望とピタリと合いました。
私は以前、エンジ会社に勤めておりました。そこでは設備を作って納入したら、すぐに次の案件を担当しますので、プラントを作る経験しかできず、メンテナンスを熟知したエンジニアになりたいという私の希望をかなえることができませんでした。そこで、転職を決意した私は、ダイセルと出会いました。当社ではエンジニアが自ら計画してプラントを作り上げ、そして維持し続ける。メンテナンスを熟知したエンジニアというのが目標だったのでピタリと合いました。自分の生涯の仕事として相応しいと期待したのです。
また入社して分かったことですが、とても教育熱心な会社だと感じました。必要な教育はしっかりと受けることができる。まさにモノづくり会社ならではなのでしょうね。

就職活動のアドバイス

今の職場がいやだ。・・・という理由で転職しても、問題の解決にはなりません。転職した先にも必ずいやなことはありますので、結局同じ事の繰り返しになってしまいます。問題の解決に重要なことはコミュニケーションをとること。会社の期待と自身の強みを一致させるにもコミュニケーションが必要です。そして最も大事なことは、仕事上で自分の目標を描くこと。憧れだけでもいいでしょう。それをしっかり持つことができれば、自分にあった職場がきっと見つかると思います。

プロフィール

趣味

・読書(本格ミステリーとか本格推理といった大衆文学のみ)
・日本中央競馬会の応援

休日の過ごし方

・家と家具のお手入れ
・コーヒーを飲みながら読書(年間50冊ペース)
・競馬観戦

お勧めの本

『容疑者Xの献身』(東野圭吾)
他にも、使命と魂のリミット、手紙、ゲームの名は誘拐、さまよう刃、天空の蜂、幻夜、黒笑小説などお勧め多数有り。

ある一日のスケジュール

6:00

●起床

7:00

●家を出発
自転車20分で仕事モードへ切り替え

8:00

●出社
朝のミーティングとメールチェック

10:00

●制御方案の打合せ
運転部門の要望を掴みます

12:00

●昼食

13:00

●制御ロジック検討
運転部門の要望を反映します

15:00

●安全パトロール
建設現場の巡回です 安全第一

16:00

●デイリーミーティング
建設の進捗確認と各社間調整

18:00

●書類チェック
未処理箱の書類をチェック

20:00

●退社
自転車20分でオフモードへ切り替え

21:00

●帰宅、夕食

23:00

●就寝
本を読んで、眠りに入ります