人事のつぶやき

HOME人事のつぶやき > ◆1年目社員の紹介◆第三弾

◆1年目社員の紹介◆第三弾

2017.12.20

こんにちは!

人事グループ 杉原です。

 

今回は3人目の1年目社員紹介ということで、網干工場の加瀬 遥大(かせ はるき)さんの登場です!

加瀬さんはセルロースカンパニー生産統括室生産計画グループというところで仕事をしています。

ダイセルで製造している酢酸セルロースは、テレビやパソコンの液晶表示パネル用保護フィルム、たばこ用フィルターなどで使用されています。

酢酸セルロースの原料であるパルプやその他の原料の購買計画と使用計画を立てたり、受発注管理や在庫管理を行うのが加瀬さんの業務です。

 

1日の仕事の流れは、

午前中:出社、国内外から届くINVOICE(請求書)の支払い処理、協力会社を含めた週次チームミーティング

午後:取引先とのやり取り、原料の購買/使用予定作成、社内の問い合わせ対応、書類整理→退社!

といった感じです。

取引先とも社内の他部門とも綿密にコミュニケーションをとりながら仕事を進めていくことが大事です。

 

それでは、加瀬さんがなぜダイセルを志望したのかを探ってみましょう♪

加瀬さん「就職活動中は化学メーカーに絞って受けていました。中でもダイセルはニッチな分野でも世界中で存在感のある製品が多く、世界と繋がっているグローバル企業です。グローバルな環境で働きたかった僕にとってとても魅力的でした。」

入社の決め手は何でしたか?

加瀬さん「入社前に社員さんたちと会う機会が何度かあったのですが、雰囲気が一番自分に合うなと思ったのがダイセルだったことが決め手です!」

どんな雰囲気の会社で働くかは重要なポイントですもんね。

では、実際に入社してみてどうですか?

加瀬さん「僕はまだ1年目ですが、新人にもどんどん仕事を任せてくれます。また、工場にいても海外のお客様と打合せをしたり工場案内をできることがとても楽しく、やりがいを感じています。」

 

最後に、海外と常に繋がりながらのびのびと仕事をしている加瀬さんから、後輩の皆さんへメッセージです!

「後悔のない就職活動をして欲しいです。ネットだけを信じるより自分でその会社の雰囲気を感じる方が大事だと思うので、実際に働く人の声を聞きに行くといいと思います。」

 

加瀬さん、ありがとうございました(^^)

次回はコーポレート部門である経理グループの新入社員を紹介しますね!