社内座談会

HOME社内座談会 > 女性の美と健康を支えるダイセルグループの化粧品用材料

女性の美と健康を支えるダイセルグループの化粧品用材料

期待の新事業領域:ヘルスケア分野への展開

はじめに

はじめに
ダイセルグループは、中期計画『3D-I』において新規事業のターゲットとしているヘルスケア分野への展開の一助として、グループ各社の販売・開発担当者と、ユーザ ーである女性従業員とが交流する「化粧品用材料に関する社内座談会」を開催しました。
約2時間半に及んだ座談会は、担当者による製品紹介のプレゼンや、製品サンプルを実際に手にとってみる機会も設けられ、普段ダイセルグループの最新技術に触れることの少ない女性陣の技術・製品に対する理解も非常に深まりました。
また、日常はなかなか聞けない化粧品業界のウラ話が聞けたり、女性陣からは化粧品マニア的な話が出るなど座談会は大いに盛り上がり、当日座談会終了後に開催された交流会でも、より打ち解けた雰囲気で引き続き活発な意見交換が行われました。
この特集では、その座談会の一端を掲載することで、「女性の美と健康を支える」を念頭としたダイセルグループの化粧品ビジネスにおけるベストソリューションへの取り組みをご紹介いたします。

メンバー紹介

  • 前田 克幸
    前田 克幸
    (株)ダイセル
    有機合成カンパニー
    機能材料開発室
  • 井元 和彦
    井元 和彦
    ダイセルパックシステムズ(株)
    営業部第一グループ
  • 大野 勝昭
    大野 勝昭
    ダイセルファインケム(株)
    WSP営業部
    兼 新事業開発室
  • 千原 英樹
    千原 英樹
    ダイセル・エボニック(株)
    営業部
  • 中谷 充
    中谷 充
    ダイセル・エボニック(株)
    新事業開発部
  • 西 直子
    西 直子
    ダイセル・エボニック(株)
    総務・広報
    事業企画・支援部
  • 橋本 文
    橋本 文
    (株)ダイセル
    研究統括部
    技術企画グループ
  • 新井 有希
    新井 有希
    (株)ダイセル
    総合企画室
  • 長坂 なみ野
    長坂 なみ野
    (株)ダイセル
    事業支援センター
    法務グループ
  • 永峰 由季
    永峰 由季
    ダイセル物流(株)
    営業本部
    営業企画部
  • 大西 百合
    大西 百合
    (株)ダイセル
    事業支援センター
    システムグループ
※部署名は取材当時のものです。

化粧品産業技術展へ出展

前田 克幸
前田
2011年5月開催の「第5回化粧品産業技術展CITE Japan」に、(株)ダイセル、ダイセルファインケム(株)、ダイセル・エボニック(株)、ダイセルパックシステムズ(株)の4社が共同出展をするなど、グループ一体となって化粧品業界に対するビジネス展開をしようとしています。ダイセルは、既に化粧水や美容液に保湿・静菌用途などで用いられる1,3-ブチレングリコールや、パーマネント液に使われるチオグリコール酸などを化粧品/ヘルスケア業界向けに販売していますが、このたび新商品として、タンパク変性がなくかつ低刺激で、肌や髪に優しいポリグリセリン系界面活性剤「セルモリス」をラインアップに加えました。
千原 英樹
千原
ダイセル・エボニックは、ナイロンパウダー「ダイアミドMSPパウダー」を開発し、販売を行っています。これらはファンデーションやアイシャドウなどに用いられることが多く、真球状のこのパウダーを配合することで、使用時の感触が良くなります。また同品は、ひまし油から作る植物由来のグレードや、酸化チタンや酸化亜鉛を高濃度で内包したグレードをラインアップとして揃え、お客様の多様なご要望に応えられるようにしています。酸化チタンや酸化亜鉛を内包したグレードはSPF*値を高めますので、日焼け止めなどに使用すると高い効果を発揮します。
*SPF値:Sun Protection Factor紫外線防御指数のこと
井元 和彦
井元
ダイセルパックシステムズは、永年培ってきた食品用パッケージの実績をもとに、①上質な肌触りと柔らかい発色が高級感を醸し出す新緩衝保護パッケージ「セルピーチ」、②植物由来原料を使用したパッケージ「エコファンタジー」、③高い透明度を誇る外装用パッケージ「グランアクア」などを化粧品業界に提案しています。「セルピーチ」は、特殊なコーティングにより、輸送中であっても商品が回転せず、ラベル表面が常に上を向くようにできます。
大野 勝昭
大野
ダイセルファインケムは、水溶性高分子であるCMC(カルボキシメチルセルロース)とHEC(ヒドロキシエチルセルロース)を扱っており、水に溶けることで増粘や保水・分散を機能として持つことから、歯磨き粉、ヘアケア・スキンケア用品や冷却シートなどに用いられています。それら以外に、セルロースを原料に特殊製法で微細化した繊維である「セリッシュ」があります。「セリッシュ」は化学処理を一切行わず、繊維を数万本に引き裂き、太さを1-0.01μmまで微細化して繊維の表面積を拡げることで、水を閉じ込める力、つまり保湿効果を増大させています。「セリッシュ」をさらに微細化した繊維径100nm以下の「ナノセリッシュ」と合わせて、現在化粧品・トイレタリー分野での用途開発に取り組んでいます。
前田 克幸
前田
展示会では、ダイセルグループだからできるベストソリューションを“安全素材”、“高機能加工”、“信頼包装”の3つのキーワードで出展し、グループで一体感を醸成することができましたよね。ダイセルグループの強みは、化粧品の内側から外側までカバーしてお客様に提案できることだと思います。内側にあたるのが化粧品の材料、外側はパッケージです。

ダイセル・エボニックの植物由来パウダー

前田 克幸
前田
今日はせっかく女性の方々にも来ていただいているので、いろいろと率直な意見をもらって開発や販売に活かしていきたいのですが、ダイセル・エボニックの商品は、女性やマーケットの意見も取り入れて、開発されているのではないですか?
西 直子
西
はい。本日サンプルを試された皆さんは実感できると思いますが、ファンデーションにMSPパウダーが入っているモノと入っていないモノでは、伸びの点で天と地ほどの開きがあります。ダイセル・エボニックの植物由来パウダーは、千原さんが紹介したとおり、上質な感触へと改良を施していますので、女性から求められるパウダーに仕上がっていると思います。
中谷 充
中谷
そうですね。その特徴として、球状のパウダー粒子が挙げられます。通常製法では、塩のようなゴツゴツした形状となりますが、当社の特殊製法では、球状に近い微細パウダーがつくれます。
千原 英樹
千原
さらに良い点として、その球状パウダーにUVA*1やUVB*2を防止する酸化亜鉛や酸化チタンを入れることが可能です。通常は30%程度の内包率のところ、当社は50%以上と高濃度です。
*1UVAは、オゾン層を通過しやすい波長の長い紫外線(A波)のため、UVBの20倍以上も地上に降り注ぎます。波長の短いUVBとは対照的に急激な変化は及ぼさないが、長時間を要して肌の奥まで到達し蛋白質を変性させることから、シミやしわの発生に大きな影響を及ぼします。
*2UVBは、波長の短い紫外線(B波)のため、UVAに比べ地上への到達は全紫外線量の約10%と少量です。但し、エネルギーが強く、肌表面の細胞を短時間で損傷させる特性から、皮膚ガンやシミの原因となります。
大西 百合
大西
凄い技術ですね。だから感触がとても良いのですね。しかも、紫外線を大幅にカットするので、西さんのお話にもあったように、女性から求められるパウダーだと感じました。私は敏感肌ですので、化粧品を選ぶ際は、“臭いの少なさ(無臭)”と“自然に近い(天然由来)”の2点を優先しています。
前田 克幸
前田
大西さんのような女性の方々は、無臭という観点で、当社の1,3-ブチレングリコールが入った商品を一般的に使用されていると思います。天然由来については、「漆はかぶれる」「山芋は荒れる」など一概に天然だから良いと考えることは危険と思いますが、両者とも一長一短がありますし、女性一人ひとり、肌の状態も違いますので、最終的にはご自身に合うものを使っていただくのが良いと思います。
長坂 なみ野
長坂
そうですね。たとえ友達の薦めであっても自分の肌に合わないことも多々ありますし。私は乾燥肌ですので、モチモチ肌になるような化粧品をいろいろ試しています。
前田 克幸
前田
長坂さんは保湿重視ですね。先ほど紹介したように、ダイセルでは紫外線から蛋白質の変性を防ぐ活性剤「セルモリス」を使用したシャンプー基剤をつくっています。その過程で肌荒れの評価分析も行っています。
永峰 由季
永峰
私は、「モチモチになる」とか「~酸が良い」などといった広告をすぐに信じてしまいます。でも、買っても効果が実感できなくて、結局化粧品を使い切らないことも多いです。
新井 有希
新井
私は肌が強い方なので化粧品に対する意識よりは、体の中に取り込む栄養やサプリメントなどに対する意識の方が強く、最近は特に大豆イソフラボンに興味を持っています。

アンチエイジングの期待の星「エクオール」

橋本 文
橋本
有効成分を取り込むのに化粧品が良いのか、それともサプリメントなどが良いのか、女性の皆さんは、とても関心の高いテーマだと思います。ダイセルも、美肌効果や抗酸化作用が期待される「エクオール」をバイオ技術で開発し、商品化を進めています。
新井 有希
新井
エクオールとイソフラボンは、どのような関係にあるのですか。
橋本 文
橋本
イソフラボンは、ご存知の通り大豆製品に含まれている成分です。日本人女性は大豆製品を比較的多く食べているので、更年期障害の症状が軽いという報告がドイツの医学界でありました。このイソフラボンの中でも特に有効な成分であるダイゼインを、各自の腸内細菌で「エクオール」に変換できれば、美白効果やシミの改善、さらには育毛などにも効果が期待できます。
前田 克幸
前田
日本女性の半数ぐらいは、ダイゼインを「エクオール」に変換できないらしいですね。
橋本 文
橋本
残念ながら、その通りです。「エクオール」を変換できる腸内細菌を持っている人は、大豆製品を食べて効果を得られますが、持っていない人はあまり効果を期待できません。そういう方々が直接「エクオール」を体内に取り込めるように、ダイセルは開発に力を注いでいます。

ダイセルパックシステムズの化粧品パッケージ

前田 克幸
前田
ダイセルグループでも女性から求められる素材が揃ってきたので、将来が楽しみですね。化粧品パッケージについてはどのように感じていますか。
永峰 由季
永峰
私は、“可愛い”とか“ピンク色”のパッケージが好きですね。
橋本 文
橋本
同じ機能の化粧品であれば、“可愛い”を優先しますね。ポーチに入っていると嬉しいですから。
井元 和彦
井元
なるほど。当社の「セルピーチ」は、化粧品などの高級感を演出するために、触った時の質感を重視しています。また「エコファンタジー」は、植物由来の原料を使用することで、容器包装製品メーカーとしてCO2削減などの環境問題に配慮するとともに、熱に強く割れにくい、といった化粧品メーカーが必要とする機能を備えています。“可愛い”は今後の課題とさせてください。

女性のアイデアも取り込んでベストソリューションへ

長坂 なみ野
長坂
この会のような機会は、自社の製品の勉強にもなるし、非常に貴重だと思います。特に化粧品の話題は、他の女性社員も興味があるでしょうし。
橋本 文
橋本
化粧品のように女性の視点が求められる場合には、今回のように嗜好の異なる女性が集まって発想すれば、思わぬアイデアが生まれるかもしれませんね。それが開発・生産へと役立てられたら意義深いですし、ビジネスへの参画が意識できると女性にとっても非常に嬉しいことですね。
前田 克幸
前田
真に女性から求められるには、機能や効果に加えて、“可愛い”も重要なテーマだと思います。定期的に意見交換会や技術品評会で知恵を出し合い、技術・商材・評価・提案までの一連の作り込みを行って、ベストソリューションを生み出していきましょう。

連絡先

株式会社ダイセル
■大阪本社 〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 タワーB(30~31階)
■連絡先  フリーダイヤル 0120-27-3007