技術系の仕事

HOMEダイセルの全体像 > 技術系の仕事 > 先輩社員の紹介 > 国内外にプラントを作れ!

国内外にプラントを作れ!

専門分野とは異なる会社だからこそ、専門性を生かして活躍・貢献できる。
※仕事内容・部署名は取材当時のものです。

Q&A

今のお仕事を教えてください。

岡田 正也
プラント建設における「電気・計装設備」「制御システム」の設計・開発
エンジニアとしてプラントの建設で「電気・計装設備」と「制御システム」の設計・開発を担当しています。
電機メーカーの電気機器、計器メーカーの計器を自らの思想で独自に組合わせ、それらを自身が開発したプログラムで動かす世界で一つしかないモノを作り上げる面白さを味わえますし、自社で設計からメンテナンスまでを一貫して行っていますので非常に多くの知見やノウハウが得られます。それらを次の設計やメンテナンスにフィードバックすることで、更に高いレベルのスキルを得ることができるのもこの仕事の楽しさですね。

一番うれしかったことのエピソードを教えてください。

岡田 正也
一番を決めることは難しいくらい、幅広く色々な仕事をしてきました。
入社してこれまで色々な場所で色々な人と一緒に仕事をしてきましたが、プラントの建設は数年掛かる仕事ですので、完成したときはやはりその都度、大きな感動と達成感を味わうことができました。例えば、中国でフィルタートゥのプラントを建設したときは、日本から輸出した機材と現地の機材を一緒に使うことの難しさを経験しましたし、現地のメンテナンス技術者を育成する為に日本で研修させたりなど、海外に建設する第一号のプラントであったことからこその様々な経験をしました。また、兵庫県の広畑に建設したプラントは、化学メーカーでありながら加工系のプラントでしたし、網干工場では石炭を使ったボイラーの制御システムを設計しました。自分が設計したプラントで製品が生み出される所を見ることがこの仕事の一番の醍醐味ですね。

当社を選んだ理由は?

専門分野とは異なる会社だからこそ、専門性を生かして活躍・貢献できる。
学生時代、電気系を専攻していた私は、電機メーカー、鉄鋼メーカー、電力会社など多業種の企業をまわっているうちに、ある製品の一部品や材料に特化した研究・開発を奥深く・長期間行うことよりも、幅広い技術に接しながら、様々なシーンで仕事ができることを企業選びのポイントとして考えるようになりました。そんな時、化学メーカーに勤められていた当時所属していたクラブのOBから、専門分野と異なる会社のほうが、専門性を生かした活躍・貢献できる場面が多く、やりがいのある仕事ができることを知りました。そこで当社の工場見学を通じて、高い技術力を持ちながら、そこに働いている人の雰囲気がとてもアットホームで、ここなら自分の専門性を生かして働くことができる。存在意義を高めて、主役にもなれると思ったのです。

就職活動のアドバイス

専門領域にこだわって就職活動を行うのではなく、幅広い視野を持って企業選びをすることが大切です。
専門領域と異なる業種の会社にも活躍の場はあります。むしろ貴重な戦力としてその活躍の場は大きく、無限の可能性があるのです。
入社してずっと同じチームで、ずっと同じ研究を続ける仕事と、幅広く常に新しい仕事ができる環境。あなたはどちらを選びますか。

プロフィール

趣味

映画鑑賞、日曜大工、海釣り

休日の過ごし方

朝早く起きて海釣りへ、マイホームの庭でウッドデッキを手作り、家族で外食へ、レンタルしてきたDVDで映画鑑賞

お勧めの本

村上春樹さんの作品は以前はあまり好きではなかったのですが、今年もノーベル賞候補として名前があがったことをきっかけに、「1Q84」を読みました。
まだ読まれていない方は、お勧めの一冊です。

ある一日のスケジュール

6:00

●起床
愛犬と散歩、英語・電気工学の勉強

8:00

●出社

9:00

●業務スタート
ラジオ体操、職場ウィークリーミーティング

10:00

●専門技術検討会
投資案件毎に技術者が集まって議論

12:00

●昼食
弁当持参

13:00

●設計作業
制御フローチャートの作成

14:00

動力配電盤製作仕様書の作成

16:00

●メーカー打合せ
計器メーカーと仕様の打合せ

17:00

●職場連絡会
月に一度の職場連絡会

18:00

●退社

19:00

●飲み会
時々、職場の仲間と懇親会

21:00

●帰宅

24:00

●就寝