技術系の仕事

HOMEダイセルの全体像 > 技術系の仕事 > 先輩社員の紹介 > 全社に広げろ!究極の「ミエル化」

全社に広げろ!究極の「ミエル化」

色々なことにチャレンジさせてくれる会社だと感じたことが決め手でした。
※仕事内容・部署名は取材当時のものです。

Q&A

今のお仕事を教えてください。

白岩 一伸
当社グループにおける究極の「ミエル化」に挑むダイセル式生産革新の推進
まず始めにダイセル式の生産革新をご存知でしょうか。1990年代半ばから当社が取り組んでいるモノづくりにかかわる全ての革新で、簡単に言えば、モノづくりの現場に存在する無数の知恵を皆で共有・活用することで、生産性の飛躍的な向上を目指すものです。私の仕事はその手法を活用して、当社6工場の生産性向上に向けた検討を行っています。例えば、毎月行う生産革新プロジェクト合宿では、全工場の革新メンバーが一同に介し、全社共通の課題をタイムリーに検討し、全社レベルでのミエル化に取り組んでいます。また、若手技術スタッフへの生産革新手法の指導を行うことも大切な仕事となっています。
「ダイセル式生産革新」を導入している他社メンバーとの意見交換は自分自身の仕事に対するモチベーションが上がりますね。

一番うれしかったことのエピソードを教えてください。

白岩 一伸
仲間と一緒に新井工場の知的統合を完遂した時の達成感は忘れられない。
生産革新は大きく4つの段階を経て進めるのですが、新井工場に赴任した時は第二段階の安定化から第三段階の標準化に進んでいる途中でした。生産革新の中でも“みそ”となるものに、現場オペレーターの方から運転のノウハウをヒヤリングするという仕事があります。実はこれを進める上で、上辺だけの作業内容を聞いても意味が無く、実際の運転ノウハウを引き出すには、単に知識だけではなく、深い信頼関係が必要です。そこで私は放置されてきた生産現場の問題点を解決していくことで、徐々に信頼を築き上げていきました。そしてそのヒヤリングを通じて知りえたノウハウをシステム化しました。皆で一丸となって取り組んだものが形となり、そしてその装置を使う現場の方から笑顔で「使いやすい」と声を掛けてもらった時は本当にうれしかったですね。

当社を選んだ理由は?

色々なことにチャレンジさせてくれそうな会社だったから。
私は学生時代在籍していた研究室で当社の生分解性プラスチックを使っていたことから、当社のことはよく知っていました。当時から何か新しいモノを生み出したいという思いを強く持っていた私は、面接で当社が「モノづくり」にこだわっていることと、入社後は自身の専攻だけに捉われるのではなく、開発営業や生産など様々な可能性にチャレンジできることを知ったことが決め手となりました。また、当社は研修カリキュラムが豊富で、例えば入社後「モノづくり研修」として実際に製造現場を体験することで、化学プラントのイロハを教わることもできます。その中で、仕事の進め方や社会人の基本を身につけると同時に、「モノづくり」の実態を体験することで、今一度自分に向き合い、何をしていきたいのかを考えることができるのも大きな魅力ですね。

就職活動のアドバイス

会社では一人でできる仕事はまずありません。そのためにも、日ごろから気持ちの良い挨拶を心がけてください。面接では自分をしっかりと振返り、なぜこの会社を選んだのかを自信を持って伝えることが大切だと思います。就職活動だけでなく、しっかりと自分の考えを持って、今必要な研究をきちんとやり切って欲しいですね。会社で求められるのは、常に自分がしていることは何のための仕事かを把握して、主体的に動ける人材ですから。

プロフィール

趣味

野球観戦

休日の過ごし方

子供と公園で走り回っています

ある一日のスケジュール

7:00

●起床
子供と一緒に朝ごはん

8:00

●出社
約20分のドライブ

9:00

●工場の改善状況打ち合せ
仲間とのコミュニケーションが大切

12:00

●昼食、掃除
毎週職場の掃除を全員で実施します

13:00

●会議資料作成
日々の取り組みから見つけた課題の整理

15:00

●コーヒータイム
職場メンバーとお土産のお菓子と共にリラックス

17:00

●会議資料の確認
会関係者との社内打ち合わせ等

18:00

●各工場からの日報を確認
日々、全社で情報を共有しています

19:00

●退社

20:00

●帰宅
仕事終わりのビールが最高!

22:00

ゆったりと読書

23:00

●就寝

連絡先

株式会社ダイセル
■大阪本社 〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 タワーB(30~31階)
■連絡先  フリーダイヤル 0120-27-3007