2018年

発表誌名又は発表学会名 発表者* タイトル

計測自動制御学会「プラント運転の安全と高度化を考える講演会」

馬場一嘉

生産革新とプラント運転支援

第26回 品質工学研究発表会

大見健児

APRT法の実務への応用2(実際例)

第26回 品質工学研究発表会

牧野和昭

化学分野におけるCS-T法の検討

「Dynamic Stability of Columns under Nonconservative Forces」 Springer

片山一夫

Chapter 10, 11, 12

日本鉄鋼協会 第176回秋季講演大会

久保田邦親、
上島稔

境界潤滑下におけるCCSCモデルを念頭にしたハイテン成形実験

日本トライポロジー学会 トライポロジー会議2018秋 伊勢

久保田邦親、
上島稔

境界潤滑下におけるCCSCモデルを念頭にしたアダマンタン添加実験

情報の科学と技術 2018年 68巻 9号 470-476.

周興喜

人工知能(AI)を用いた化学分野における無効資料調査・先行技術文献調査への活用検討

Explosion, Vol.28, No.1, 20-26(2018).

周興喜

中国古代黒色火薬の硫黄について

化学工学 82巻9号 491-494(2018).

片山昌弘

レーザを用いた金属と樹脂の新規接合技術

中部レーザ応用技術研究会 第104回研究会

板倉雅彦

レーザを用いた金属/異種材接合技術について

近畿化学工業界 Vol.70, No.6, 11(2018).

菅原慶峰、
久保健二、
横山将史

相分離コーティングによる光学フィルムの開発と製品化

AndTech主催セミナー
「大型・曲面・高精細ディスプレイに向けた防眩・低ぎらつき・低反射フィルムの開発・加工・要求特性と車載・デジタルサイネージへの応用」

林正樹

表面構造制御による防眩フィルムの高機能化(低ギラツキ化など)とその展開

プラスチックス 2019年2月号 18-23.

田口進、
三宅祐治、
田中洋一郎、
小池裕之

押出高発泡技術の特徴と事例 <押出高発泡技術の開発と適用用途について>

高分子学会中国四国支部 第22回 岩国・大竹地区 高分子若手フォーラム

紺野貴史

ポリウレタンの高機能化に向けたポリカプロラクトン製品の開発

「耐熱性高分子材料の最新技術動向」 シーエムシー出版 2018年8月

鈴木弘世

第2章第3節 LEDエポキシ樹脂封止材の開発動向

「高耐熱樹脂の開発事例集」 技術情報協会出版 2018年8月

鈴木弘世

第10章第2節 LEDエポキシ樹脂封止材の高耐熱化と耐熱黄変性向上

「エポキシ樹脂の硬化メカニズム解析と機能設計」 シーエムシー出版 2019年3月

鈴木弘世

01編04章 脂環式エポキシ樹脂

エポキシ樹脂協会 「第42回公開講座 エポキシ樹脂及び応用技術の最近の動向」 2018年7月

鈴木弘世

脂環式エポキシ樹脂関連の技術動向

第230回 フォトポリマー懇話会例会 2019年1月

鈴木弘世

脂環式エポキシ樹脂の特性と応用例

Molecule, 22, 38(2017).

柴田徹、
新蔵聡、
大西敦

Achiral Molecular Recognition of Aromatic Position Isomers by Polysaccharide-Based CSPs in Relation to Chiral Recognition

J. Chromatogr. A., 1549, 85(2018).

永井寛嗣、
柴田徹、
新蔵聡、
大西敦

Poly(butylene terephthalate) based novel achiral stationary phase investigated under supercritical fluid chromatography conditions

J. Chromatogr. A., 1572, 119(2018).

永井寛嗣、
柴田徹、
新蔵聡

Poly(4-vinylpyridine) based novel stationary phase investigated under supercritical fluid chromatography conditions

分離技術 49巻 1号 2-8(2019年).

田辺載、
大西敦、
柴田徹

キラルカラムを用いたアキラル化合物の分離

Molecular Chirality Asia 2018

大西敦

Recent development and progress of chiral stationary phases products based on polysaccharides

「ナノ多孔性材料とその産業応用」に関する先導的研究開発委員会第11回研究会 日本学術振興会

宮澤賢一郎

クロマト分離技術を用いた光学異性体の分離精製

Journal of Membrane Science, Volume574, 147-153(2019) .

恩地陽子

Development of thermoresponsive star oligomers with a glycerol backbone as the draw solute in forward osmosis process

製剤と添加剤研究会 第4回シンポジウム

岡林智仁

高機能賦形剤を用いた小児用製剤の可能性

製剤技術研究コンソーシアム 2018年度第3回研究会

岡林智仁

速崩壊性賦形剤の機能設計、実用化、仮説検証に向けたダイセルの取組み

AAPS Annual Meeting and Exposition 2018 PharmaSci 360

水口智貴、
岡林智仁、
橋川尚弘

Production of Bilayer Orally Disintegrating Tablets with Superior Interfacial Strength

13th International Microsystems, Packaging, Assembly and Circuits Technology

新木直子

Development of Micrometer-Thick Bonding Material for Wafer-On-Wafer (WOW) Applications

The 2018 IEEE 68th Electronic Component and Technology Conference

新木直子

Optimization of Via Bottom Cleaning for Bumpless Interconnects and Wafer-On-Wafer (WOW) Integration

4th World Research Hub Initiative (WRHI) Workshop

新木直子

Development of Micrometer-Thick Bonding Material for Wafer-On-Wafer (WOW) Applications

第25回「エレクトロニクスにおけるマイクロ接合・実装技術」シンポジウム

三宅弘人

ファンアウト実装に向けたフィルム材料の開発

プラスチックス 2019年3月号 41-44.

久米篤史、
梅本浩一、
西川正浩、
伊藤久義

エンプラの耐熱性を向上するナノダイヤモンドの特徴と事例
~自動車から宇宙まで樹脂の適応範囲を拡大~

NEW DIAMOND 第130号 Vol.34 p46. 

西川正浩

2018 MRS Spring Meeting & Exhibit

2018MRS Spring Meeting

久米篤史、
梅本浩一、
伊藤久義、
西川正浩、
劉明

・Nanodiamond application as thermal stabilizer
・Analysis of sp2 carbon on detonation nanodiamonds by soft X-ray spectroscopy
・Analysis of sp2 carbon on detonation nanodiamonds by soft X-ray spectroscopy
・Commercial application of detonation nanodiamonds

トライポロジー会議 2018秋

木本訓弘、
後藤友尋、
梅本浩一、
伊藤久義

ナノダイヤモンドの潤滑特性と機構解明

第27回 ポリマー材料フォーラム

久米篤史、
梅本浩一、
伊藤久義

樹脂に対するナノダイヤモンドの熱安定化効果

第32回 ダイヤモンドシンポジウム

西川正浩

ナノダイヤモンド表面へのアミノ基の導入

トライポロジー融合研究会

木本訓弘

ナノダイヤモンドの潤滑特性と機構解明

Explosive Production of New Materials: Science, Technology, Business and Innovations (EPNM-2018)

間彦智明、
日高雄一郎、
石本大祐、
岸野吉記、
幸内貴志、
伊奈智秀

Introducing Daicel’s activities related to detonation nanodiamonds

第25回 セルロース学会年次大会

島本周

熱安定性の高いアセチル化セルロースナノファイバーの調製

Journal of Dairy Science, 101(12), 10929(2018).

島本周

Cellulose acetate, a new candidate feed supplement for ruminant animals: In vitro evaluations

第47回 日本免疫学会学術集会

島本周、
松山彰収

Microbiota-dependent and -independent induction of colonic regulatory T cells by butyrate

第47回 日本免疫学会学術集会

島本周、
松山彰収

Gut microbial metabolite acetate tunes IgA reactivity toward commensal microbes to maintain mucosal homeostasis

Journal of Agricultural Food Chemistry, 66(45), 11909(2018).

島本周、
中村 敏和

Bacterial Fermentation of Water-Soluble Cellulose Acetate Raises Large-Bowel Acetate and Propionate and Decreases Plasma Cholesterol Concentrations in Rats

第83回 日本化粧品技術者会(SCCJ) 研究討論会

坂西裕一

新規な高汎用性オイル増粘剤とその増粘メカニズム

国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)ミュンヘン大会

坂西裕一

A Novel Versatile Organogelator: the mechanism of its thickening property

Intercontinental Personal Care Excellence Conference(IPCE)

伊藤雅章

A Propanediol-Amide Type Silicone Polymer Improving Pigment Dispersibility without Reducing the Gloss and Long Lastingness of Lipstick

薬理と治療 46 (5), 781-799 (2018)

向井克之、
白井宏政

こんにゃくセラミド含有食品の摂取による肌の保湿性をはじめとする肌諸症状改善試験-無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較-

Biochemistry and Biophysics Reports 17, 132-138 (2019)

向井克之

Konjac ceramide (kCer) regulates keratinocyte migration by Sema3A-like repulsion mechanism

「血流改善成分の開発と応用」 シーエムシー出版 2018年7月

高柳勝彦、
向井克之

第Ⅲ編 第4章 β-クリプトキサンチン

コスメティックステージ 13 (2), 18-25(2018).

向井克之

「食べるセラミド」の開発動向

食品加工技術 38 (3), 26-31(2018).

向井克之

機能性食品素材としてのこんにゃくセラミドの利用

第11回 セラミド研究会学術集会

高橋香織、
向井克之

低用量のこんにゃくセラミド摂取による肌状態の改善

The 23rd International Symposium on Plant Lipids (ISPL2018)

向井克之

Konjac Ceramide (kCer) inhibits neurite outgrowth and cell migration via Sema3A-like Action

第60回 日本脂質生化学会

向井克之

こんにゃく遊離セラミドの皮膚作用メカニズム

第72回 日本栄養・食糧学会大会

高橋香織

アルツハイマー病予防に資するこんにゃくセラミドの効果

第72回 日本栄養・食糧学会大会

江口晃一、
高柳勝彦、
山本浩明、
清瀬篤信

S-アリルシステインを含む熟成酵素処理にんにくエキス粉末による抗疲労効果

第72回 日本栄養・食糧学会大会

工藤眞丈、
中島賢則、
山本浩明

・ウロリチン類が骨髄由来造血幹細胞の破骨細胞への分化に与える影響
・ウロリチンAが前駆脂肪細胞株3T3-L1の分化・脂肪蓄積に与える影響

ICP2018 XXIXInternational Conference on Polyphenol

中島賢則、
工藤眞丈、
山本浩明

Discovery of an urolithin A-producing bacterium and production of urolithin A from ellagic acid

第20回 生体触媒化学シンポジウム

林素子、
山本浩明

Introduction of Daicel’s Biotransformation Technologies

Journal of Controlled Release DOI:
https://doi.org/10.1016/j.xphs.2019.02.021

宮崎洋、
跡部真吾、
鈴木崇将、
伊賀弘充、
寺井和宏

Development of pyro-drive jet injector (Actranza™) with controllable jet pressure

Journal of Toxicological Science Vol.43, No.8, 513-520, 2018.

山下邦彦、
宮崎洋

Assessment of the skin sensitizing potential of chemicals, contained in food and/or cosmetic ingredients, using modified local lymph node assay with an elicitation phase(LLNA:DAE)

Journal of Toxicological Science Vol.44, No.3, pp.213-224, 2019.

三田地隆史、
山下邦彦

Some non-sensitizers upregulate CD54 expression by activation of the NLRP3 inflammasome in THP-1 cells

35th European Peptide Symposium

宮崎洋、
山下邦彦

Peptidyl Microbeads for Modification of a Direct Peptide Reactivity Assay (DPRA) in Skin Sensitization Assessment

The 2nd Asian Congress on Alternatives 2018

山下邦彦

Development of an in vitro test for the allergenic potency of proteins-Exclusion of the effect of LPS in test proteins-

分子病理学研究会はがくれシンポジウム

山下邦彦

惹起相を有する新しい局所リンパ節アッセイ(LLNA:DAE法)の開発

日本実験動物代替法学会2018年度大会

宮崎洋、
山下邦彦

C-SPRAにおける難水溶性感作性物質に対する適用性の検討

研究開発リーダー 月刊 2018. 5 (第146号) p32-35.

中野達也

技術ロードマップの作成と運用を円滑に進めるステージゲートの活用

「コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方」 技術情報協会 2018年9月

中野達也

第4章 コア技術戦略の策定と技術ロードマップの作成 第3節 

研究開発リーダー 月刊 2018. 4 (第145号) p32-36.

百瀬隆

ダイセルにおける三位一体の知財活動

知財管理 Vol.68, No.7, P871-880 (2018).

百瀬隆

「三位一体の知財活動チームによる知識創造について」

第7回 JACI/GSCシンポジウム

今瀬達也

ダイセルにおける計算化学技術の取り組み

第7回 SPring-8グリーンサスティナブルケミストリー研究会

中谷哲

カルボン酸水素化触媒の反応雰囲気下における構造解析

Synlett, 29(20), 2712 – 2716(2018). 

北山健司

Zinc-Catalyzed Synthesis of Dithioacetals through Double Hydrosulfenylation of Alkynes by Thiols

International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2018

大野充

Designed molecular and the reaction field for the development of the functional materials

有機合成化学協会 「AIと有機合成化学」研究部会 第一回勉強会

大野充

インフォマティクスで有機合成の働き方改革!

CSJ 化学フェスタ セッション
これぞ日本が誇る有機合成化学!

大野充

機能性材料開発における2つの反応制御

*弊社発表者のみを記載しました。