Technology

技術紹介

有機半導体とは

有機半導体とは文字通り「有機物」であり「半導体」の特性を示す材料のことを指します。
半導体とは、皆さんの身の回りにあるあらゆる電化製品に組み込まれているもので、電化製品を動かすために重要な役割を担っています。
一般的な半導体にはシリコンや金属酸化物などが利用されていますが、これらは材料として硬く、重いため、実際に利用できる形にはいくつかの制限があります。
今皆さんがお持ちのスマートフォンやテレビ、自動車などが硬く、重いものがほとんどなのは材料由来の理由があるからです。それらに対し有機物は軽く、柔らかいという材料としての特長があります。
その特長を生かすことで、紙のようにしなやかで柔らかく軽いデバイスを、SF作品に出てくるような紙のようなディスプレイや腕に装着するウェアラブルデバイスなど、これまでにないデバイスを実現できる可能性のある、新しい材料なのです。