トップページ > 事業紹介 > 有機機能品
このページを印刷する
製品検索

製品紹介

有機機能品

Performance Chemicals

過酢酸によるエポキシ化反応技術から生み出される
エポキシ化合物、カプロラクトンなどの有機機能品は、
コ-ティングやプラスチックスの改質、
電子材料などの幅広い産業分野で役立っています。

☑ 製品紹介

  • ●エポキシ化合物
  • ●カプロラクトン誘導体

有機機能品

独自の反応技術から生み出される機能化学品は幅広い産業分野で役立っています。

■エポキシ化合物

  • セロキサイド
    脂環式エポキシ化合物は、透明な耐熱性に優れたエポキシ化合物です。硬化剤、硬化触媒と組み合わせエポキシ樹脂の原料として用いられます。酸性物質との高い反応性を示すことから、光/熱潜在性酸発生剤との組み合わせによる一液タイプエポキシ樹脂への応用が可能です。
  • EHPE
    世界初の脂環式タイプの固形エポキシ樹脂です。末端エポキシ基を有するため、グリシジルエーテルタイプのエポキシ樹脂に近い反応性を示し、酸無水物、フェノール、アミン、カチオン触媒など各種硬化剤により硬化させることができます。
  • エポリード
    エポキシ化ポリブタジエンや多官能の脂環式エポキシ樹脂など、弊社独自の技術で製造した特徴あるエポキシ化合物です。
  • サイクロマー
    エポキシ基を有するメタアクリレートモノマー
  • エポフレンド
    熱可塑性を有するスチレン系エラストマー
    1)極性を有するプラスチックとの優れた相溶解性   2)各種材料に対する優れた接着性   3)エポキシ基の反応性

■カプロラクトン誘導体

  • カプロラクトンモノマー
    開環重合性の環状エステル
  • プラクセル 200
    2官能タイプのポリカプロラクトンオリゴマー。ポリカプロラクトンジオールは、ポリエーテルに比べ耐候性、耐熱性に優れます。また、アジピン酸ポリエステルに比べると、耐水性に優れる特長があります。
  • プラクセル 300
    3官能タイプのポリカプロラクトンオリゴマー。可撓性を要求されるコーティング用原料、又は添加剤として用いることができます。又、低温特性に優れたウレタンフォームの原料にも用いることが出来ます。
  • プラクセル 400
    4官能タイプのポリカプロラクトンオリゴマー。可撓性を要求されるコーティング用原料、又は添加剤として用いることができます。又、低温特性に優れたウレタンフォームの原料にも用いることが出来ます。
  • プラクセル CD
    ポリカーボネートジオールは、ポリエステルやポリエーテル系ジオールに比べて、耐熱性、耐水性に優れます。
  • プラクセル F
    プラクセル Fはポリカプロラクトンオリゴマーにラジカル重合性を有する(メタ)アクリル二重結合と硬化剤との反応性に富む第一級水酸基を1個づつ導入したマクロモノマーです。
  • プラクセル H
    ε-カプロラクトンを開環重合したポリマー。融点60℃の高結晶性の熱可塑性脂肪族ポリエステル樹脂です。