主要技術

エステル化 カルボン酸、酸無水物、酸クロリド、ジケテンなどを利用
アミド化 カルボン酸、酸無水物、酸クロリド、ジケテンなどを利用
塩素化 カルボニル基のα位塩素化、酸クロリド合成など
アミノ化 塩素化合物のアミン置換、カルボニル化合物の還元アミノ化など
酸化 アルカン、アルコール、アルデヒド等の空気酸化、過酢酸酸化など
還元 水添反応による不飽和結合、カルボニル基の還元など
フリーデル・クラフツアシル化反応 置換ベンゼンのアシル化、Al廃水処理可能
カルボニル化(C1 化学) 酢酸合成
ケテン・ジケテンの付加反応 各種アルコール、アミンの付加
過酢酸による酸化反応 バイヤー・ビリガー酸化、オレフィンのエポキシ化
カプロラクトン誘導体の開発 ε-カプロラクトンの開環重合