銀ナノ粒子インク・ペースト『Picosil®伴走サービス

銀ナノ粒子インク・ペースト『Picosil®』のTOPページへ戻る

「伴走サービス」では、インクだけでなく
当社の印刷技術・ノウハウを提供し、
「お客様の製品化スピードアップ」を実現します。

当社のPicosil®なら、銀ペーストと同じ印刷機(スクリーン印刷機)を使って、
汎用の銀ペースト以上の配線性能を出すことが可能です。

銀ペースト用の印刷装置がそのまま使える銀ナノ粒子インクPicosil®ですが、その使い方・作法は、「油絵の具」と「水彩絵の具」で絵を描くくらい異なります。
当社ではこの違いを含めて、当社保有の技術やノウハウを提供しながら、お客様と一緒にデバイス開発を行う「伴走サービス」を提供しています。

2021年秋にスタートしたサービスですが、すでに数十社のお客様に共創のお問い合わせをいただいております。
本サービスをご利用いただくことで、開発段階でのつまずきやすいポイントを回避し、開発の効率化、製品化までの期間短縮が可能になります。

伴走サービスの概要
伴走サービスの概要 導入編

当社ではPicosil®の販売にとどまらず、お客様の目的に合わせた製造プロセスをご提案しています。

また、ご要望に応じてサンプル作成の立合い当社保有の印刷技術提供(スクリーン、ディスペンス、スプレー、インクジェット)もします。

そのため、初めて配線の印刷を行うお客様でも、安心してデバイス作成を始めていただけます。

伴走サービスの概要 密着性改善編

上図は伴走サービスでの課題解決事例を示しています。

例えばお客様が基材とインクの密着性でお困りの場合、お客様の求める他の機能に配慮しつつ、当社が蓄積した知見に基づいて、お客様の課題を解決に導きます。
具体的には、密着性を向上させる魔法の液(プライマー液)や、基材表面状態の改良、焼成温度等の改良方法をご提案します。
お客様の目的に向かって、スタッフが最後まで責任をもって伴走します。

伴走サービス(旧 共創サービス)の活用実績
  • ディスプレイ
  • 太陽電池
  • 車載
  • 医療機器
  • ウェアラブルデバイス
  • コンデンサ

など他数十社