ホーム会社情報沿革 > ダイセルのあゆみ > 創業前史

創業前史

大日本セルロイド(株)設立総会決議録と社章
大日本セルロイド(株)
設立総会決議録と社章
1908年(明治41年)に三井家出資の堺セルロイド株式会社、三菱(岩崎家)・岩井商店・鈴木商店出資の日本セルロイド人造絹糸株式会社が設立されたのが、国産セルロイド会社設立のスタートで、これが、堺工場・網干工場の前身です。その後、次々にセルロイド工場が設立され、第一次世界大戦で活況を呈しましたが、その終結の反動不況からのセルロイドの世界的な需要減少による同業者間の販売競争の激化により、業界は疲弊しました。

セルロイド業界が安定成長するには合同によるしかないという機運から、1919年(大正8年)にセルロイド会社8社が大合同するという、当社の誕生はいわば業界再編の先駆けと言えます。
1908年
堺セルロイド株式会社、日本セルロイド人造絹糸株式会社が設立
1909年
三国セルロイド合資会社、能登屋セルロイド工場設立
1916年
大阪繊維工業株式会社、十河セルロイド工場、東洋セルロイド設立
1917年
東京セルロイド株式会社設立
その後セルロイド生地製造会社続出、同業者による競争激化から、業界再編へ
1919年9月
堺セルロイド48%、日本セルロイド人造絹糸21%、大阪繊維工業16%、東京セルロイド7%、
その他4社(三国セルロイド・能登屋セルロイド・東洋セルロイド・十河セルロイド)8%の比率で、合同
大日本セルロイド株式会社 創立
当社創立までのセルロイド業界の動き
1865年
イギリス人パークス、硝酸セルロースと樟脳の固溶体について特許を取得、パーキシンと名づける。
1868年
アメリカ人ハイヤット、セルロイドを発明。
1871年
ハイヤット兄弟、セルロイドの製造会社を設立(後のセラニーズプラスチックカンパニーの基礎となる)。
1877年
ドイツから板状のセルロイド生地がはじめて日本に輸入される。
1878年
日本化学会創立。
1884年
アメリカ人イーストマン、写真フィルムを発明。
1890年
日本でセルロイド生地の製造はじまる。
1912年
フランスでセロハン製造はじまる。