ダイセル大竹産業株式会社

株式会社ダイセル

採用情報

就職、転職をお考えの皆様へ。

ごあいさつ

当社は、1971年に(株)ダイセル大竹工場の警備及び工場支援業務の受託会社として設立され、その後、プラント支援(原材料仕込み、産業廃棄物処理)業務、多品種少量生産型プラント運転管理業務、たばこ用フィルタートウ紡糸・定量・梱包業務、製品検査業務、保安業務など・・・(株)ダイセル大竹工場の中で業務範囲を拡大しながら成長して参りました。
その間、ダイセルグループが有する固有技術を、経験と知識を駆使して蓄積し、グループ企業として業務技術力と安全管理力を高めて参りました。
現在では、ダイセルグループの中でも高い安全と品質レベルを有する会社として評価されております。
「企業の成長は人の成長なり」との(株)ダイセルの理念は、当社にも浸透しており、請負業務を遂行する「人」の立場に立って、業務の“ミエル化”を行い、問題点や課題は何でも“イエル風土”、みんなの意見を“キケル風土”を作り上げることに取り組んでおります。
また、より良い作業環境、より良い作業方法をみんなで議論することにより、定年まで元気に働ける会社づくりを行っています。
「みんながみんなのために働く」という仕事の原点の下、みんなが一体となって安全と安心を追及し、元気で明るい、いきいきとした会社づくりを目指していきます。
この価値観に共感し、当社の、ひいてはダイセルグループの発展にご尽力頂ける方と一緒に働ける日を心待ちにしております。

代表取締役社長 石倉 許志

育てる(社員サポート)

1. 新入社員への教育

入社時に大量の研修を実施しても全てを覚えきれず、研修内容を職場で活かす事が十分できないと考えております。
また、現場で働いてはじめて疑問に思う事もあると思います。
そこで当社では、入社教育に加え、現場を経験した後(入社数ヶ月後)に、改めてフォロー研修を実施しております。

2. 新入社員へのサポート

入社当初は、不慣れな職場で“人間関係の構築”と“技能の習得”を同時に行わなければならない為、精神的な負荷が高い時期と言えます。
そこで当社では、新入社員の方が安心して会社生活を送れるよう、日頃の職場でのコミュニケーションとは別に、最低入社後3ヶ月間は新入社員の方が直属の上司及び労務担当者と対話できる機会を定期的に設ける等、様々なサポートをしております。

新入社員へのサポート

3. 資格取得奨励制度

職場によって、必要な資格は多種多様となります。
当社では、従業員の方が活躍の場を広げる為に必要な、資格の取得の支援をしております。

4. 「イエル化」「キケル化」の風土作り

職場の安全レベルを向上させる為には、同僚間及び上司・部下間のコミュニケーションが必要不可欠であると考えております。
職場の問題点及び課題点を誰もが言う事ができ(イエル化)、上司・同僚はその意見に真摯に耳を傾ける(キケル化)。
これにより活発に議論できる雰囲気ができ、さらに良い職場へと進歩していけるのではないかと考えております。
また、この風土作りが、皆がいきいきと働ける職場に近づけてくれるものと考えております。
この風土作りの一環として、「社員全員がいきいきと、働き甲斐を持てる企業にする」をコンセプトに、全社員参加型の「いきいき職場つくり」を実施しています。
これは、「自分たちの職場をより良くするために、自分たちは何をすれば良いか」を皆で話し合い、それを行動に移す活動になります。

先輩からのアドバイス

ダイセル大竹産業株式会社

Copyright c Daicel Ohtake Sangyo Co.,Ltd. All Right Reserved.

ページトップへ