電流遮断器 Pyro-Fuse

環境への意識が高まるとともに、環境に配慮した電気自動車(EV、HEV、PHV)の普及が急速に拡大しています。
電気自動車には高電圧のバッテリーが搭載されており、交通事故や故障時の乗員への感電防止や二次災害対策も必要となってきています。

ダイセルセイフティSBUの高い火工品技術を活かした「電流遮断器」は、安全かつ瞬時に高電圧・大電流を遮断する事が可能です。

また電気自動車(EV、HEV、PHV)だけでなく、瞬時に電流を遮断する必要のあるあらゆる産業に利用可能です。

電流遮断器に関するお問い合わせ

電流遮断器Pyro-Fuse(Volt Breaker)

製品ラインナップ

ダイセルセイフティSBUでは高電圧・大電流に対応した製品を開発しています。
また、使用する環境や遮断する電圧・電流に応じた、製品カスタマイズも可能です。

PDD(Power Disconnect Device)

電流遮断器の性能
外観 PDD2
遮断性能 2,300A/48VDC/7µH
作動温度範囲 −40℃〜+85℃
バスバー抵抗
(作動前:+23℃)
<0.1mΩ
バスバー抵抗
(作動後:500VDC)
>10MΩ
定格電流 200A
作動時間 <2ms
外形寸法
(奥行×幅×高さ:mm)
19×70×45
重量(g) 40g
ガス放出 あり
データシート
(PDF)
PDF:254KB
電流遮断器の性能
外観 PDD3
遮断性能 3,000A/100VDC/10µH
作動温度範囲 −40℃〜+85℃
バスバー抵抗
(作動前:+23℃)
<0.1mΩ
バスバー抵抗
(作動後:500VDC)
>10MΩ
定格電流 200A
作動時間 <2ms
外形寸法
(奥行×幅×高さ:mm)
15×60×61
重量(g) 60g
ガス放出 あり
データシート
(PDF)
PDF:251KB
電流遮断器の性能
外観 PDD5.0
遮断性能 15,000A/500VDC/10µH
500A/600VDC/50µH
作動温度範囲 −40℃〜+85℃
バスバー抵抗
(作動前:+23℃)
<0.1mΩ
バスバー抵抗
(作動後:500VDC)
>10MΩ
定格電流 350A
作動時間 <2ms
外形寸法
(奥行×幅×高さ:mm)
44×88×68
重量(g) 190g
ガス放出 なし
データシート
(PDF)
PDF:622KB
電流遮断器の性能
外観 PDD5.1
遮断性能 20,000A/500VDC/20µH
16,000A/920VDC/10µH
15,000A/900VDC/25µH
作動温度範囲 −40℃〜+85℃
バスバー抵抗
(作動前:+23℃)
<0.1mΩ
バスバー抵抗
(作動後:500VDC)
>10MΩ
定格電流 350A
作動時間 <2ms
外形寸法
(奥行×幅×高さ:mm)
44×88×80
重量(g) 220g
ガス放出 なし
データシート
(PDF)
PDF:617KB
電流遮断器の性能
外観 PDD6
遮断性能 25,000A/915VDC/10µH
作動温度範囲 −40℃〜+85℃
バスバー抵抗
(作動前:+23℃)
<0.1mΩ
バスバー抵抗
(作動後:500VDC)
>10MΩ
定格電流 350A
作動時間 <2ms
外形寸法
(奥行×幅×高さ:mm)
62×112×120
重量(g) 510g
ガス放出 なし
データシート
(PDF)
PDF:520KB
電流遮断器の性能
品番 PDD2 PDD3 PDD5.0 PDD5.1 PDD6
外観 PDD2 PDD3 PDD5.0 PDD5.1 PDD6
遮断性能 2,300A/48VDC/7µH 3,000A/100VDC/10µH 15,000A/500VDC/10µH
500A/600VDC/50µH
20,000A/500VDC/20µH
16,000A/920VDC/10µH
15,000A/900VDC/25µH
25,000A/915VDC/10µH
作動温度範囲 −40℃〜+85℃ −40℃〜+85℃ −40℃〜+85℃ −40℃〜+85℃ −40℃〜+85℃
バスバー抵抗
(作動前:+23℃)
<0.1mΩ <0.1mΩ <0.1mΩ <0.1mΩ <0.1mΩ
バスバー抵抗
(作動後:500VDC)
>10MΩ >10MΩ >10MΩ >10MΩ >10MΩ
定格電流 200A 200A 350A 350A 350A
作動時間 <2ms <2ms <2ms <2ms <2ms
外形寸法
(奥行×幅×高さ:mm)
19×70×45 15×60×61 44×88×68 44×88×80 62×112×120
重量(g) 40g 60g 190g 220g 510g
ガス放出 あり あり なし なし なし
データシート
(PDF)
PDF:254KB PDF:251KB PDF:622KB PDF:617KB PDF:520KB

電流遮断器の作動原理

車両からの信号を受け、点火電流が流れ電流遮断器が作動し、漏電を防ぎます。

    1. 1. 車両からの信号を受け、点火電流が流れます。
    1. 2. イニシエータ(点火器)が燃焼しガスを発生します。
    1. 3. ガス圧によりピストンを押し下げバスバーを切断し電流を遮断します。

電流遮断器の用途

自動車用途

エアバッグ用インフレータで培った高い信頼性を生かし、瞬時に電流を遮断します。
電気自動車(EV、HEV、PHV)だけでなく、ガソリン車など幅広い遮断要求に対応可能です。(図:想定使用箇所)

自動車用途

こんな時!電気信号で意図的に遮断
  1. 回路異常

    回路異常

    電気回路の短絡や異常による過電流から守ります。

  2. 事故

    事故

    衝突時にバッテリーを孤立化させ、火災や乗員への感電を防ぎます。

  3. 過充電

    過充電

    過充電による火災を防ぎます。

産業用途

産業用蓄電システム、大型バッテリーシステム、再生可能エネルギーの蓄電システム、送電システムなどの電流の遮断に利用できます。
ミリ秒単位で安全に確実に遮断できます。

産業用途

こんな時!電気信号で意図的に遮断
  1. 短絡

    短絡

    短絡などの不時の大電流を止めたいとき。

  2. 過充電

    過充電

    過充電など充電が暴走しそうなとき。

電流遮断器に関するお問い合わせ