塩素化物事業からの撤退について

株式会社ダイセル(本社:大阪市北区、社長:札場操)は、このたび、有機合成カンパニーで展開している塩素化物事業から撤退することを決定いたしましたのでお知らせいたします。当該事業につきましては、長年にわたり多くのお客様からご愛顧いただいておりましたが、採算性の問題から事業継続が困難な状況となっておりました。状況脱却のため鋭意努力してまいりましたが、将来的にも回復の見込みが立たず、2018年3月31日をもちまして製造・販売中止するとの判断に至りました。
弊社製品をご愛顧いただいておりますお客様には多大なるご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、事情をご勘案のうえ、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
今後は、既存各製品の競争力を高めていくと共に、成長が見込める電子材料や、市場で高評価をいただいているコスメ・ヘルスケア等の高付加価値領域の事業に注力していく考えです。

なお、対象となる塩素化物製品は以下のとおりです。

製品名 弊社略号
モノクロロ酢酸 MCA
モノクロロ酢酸ソーダ MCANA
モノクロロ酢酸メチル MCM
モノクロロ酢酸エチル MCE
クロロアセチルクロライド CAC
塩化アセチル ACCL
プロピオン酸クロライド PAC
2-クロロプロピオン酸メチル MCPM
4-クロロアセト酢酸エチル 4ECAA

以上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ダイセル 有機合成カンパニー
東京
大阪

一覧に戻る

Cookieの使用について

当ウェブサイトでは、より快適にウェブサイトをご利用いただくため、Cookieを利用しております。当ウェブサイトをご覧いただく際は、Cookieの使用に同意ください。なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、Cookieの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。

詳細はこちら