会社情報沿革

1908~1960

1908年
3月
日本セルロイド人造絹糸株式会社(現 網干工場)設立
7月
堺セルロイド株式会社(のちの堺工場)設立
1916年
大阪繊維工業株式会社(現 神崎工場) 設立
1919年
9月

セルロイド製造会社8社の合併により、大日本セルロイド株式会社を創立

1927年
7月
三国加工工場を分離し、三国セルロイド株式会社(のちの三国プラスチックス株式会社)を設立
1929年
9月

アセテートプラスチック「アセチロイド」を開発

1934年
1月

写真フィルム事業を分離し、富士写真フイルム株式会社(現 富士フイルム株式会社)を設立

1935年
9月

新潟県に新井工場を新設、アセチレン系有機合成事業を開始

1938年
6月
酢酸セルロースの製造を開始
1953年
7月
写真フィルム用酢酸セルロース(TAC)の製造を開始
1954年
1月

網干化工工場河内分工場(現 播磨工場)を新設、無煙火薬の製造を開始

1956年
9月
大日本プラスチックス株式会社、ローヤル株式会社を設立
1958年
8月

堺工場で、たばこフィルター用アセテート・トウの製造を開始

1959年
3月
名古屋営業所(現 名古屋支社)を開設

1961~1999

1961年
1月

大日本化成株式会社(現 大竹工場)を設立

2月
AS樹脂「セビアン-N」の製造を開始
6月
埼玉県入間郡に中央研究所を設立
1964年
5月

ポリプラスチックス株式会社をセラニーズ社と合弁で設立、ポリアセタール樹脂「ジュラコン®」の製造・販売を開始

1966年
2月
社名をダイセル株式会社に変更
1968年
3月
新井工場のカーバイド、アセチレン、アルデヒドを停止し、有機合成品の原料を石油化学系に転換
6月
大日本化成株式会社を吸収合併
8月
ABS樹脂「セビアン-V」の製造を開始
8月

大竹工場で、過酢酸法合成グリセリン企業化

1969年
3月
東京工場を廃止
1970年
7月
ダイセル・ヒュルス株式会社(現 ダイセル・エボニック株式会社)を設立
1977年
7月
協同酢酸株式会社を設立
1979年
10月
社名をダイセル化学工業株式会社に変更
1980年
4月

メタノール法による酢酸の製造を開始

11月
兵庫県網干に総合研究所を新設
1982年
4月

光学異性体分離事業を開始

8月
堺工場で爆発事故が発生
1984年
4月
米国にDaicel(U.S.A.),Inc.を設立
11月
ドイツにDaicel (Europa) GmbHを設立
1988年
5月
ダイセル・ユーシービー株式会社(現 ダイセル・オルネクス株式会社)を合弁で設立
10月

自動車エアバッグ用インフレータ製造子会社のダイセル・セイフティ・システムズ株式会社を設立

1967年に米イートン社が衝突時の救命装置としてエアバッグシステムを発表し、1969年に米国運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)が全車にエアバッグ装備を義務化する法律を提案したことから、実用化に向けた本格的な研究開発が始まりました。当社は1970年代半ばからエアバッグシステムの研究開発をスタートさせ、1988年にインフレータの量産設備を整え、供給を開始しました。2000年以降、米国、タイ、ポーランド、中国、韓国と世界各地に生産・販売拠点を設立し、グローバルな供給体制を整えました。

1989年
5月
シンガポールにDaicel Chemical (Asia) Pte.Ltd.を設立
1990年
11月
網干工場にたばこフィルター用アセテート・トウ製造設備を設置し、堺工場との2拠点体制を構築
液晶光学フィルム用酢酸セルロース(TAC)の製造を開始
光学異性体分離事業の米国拠点Chiral Technologies Inc.を設立
1991年
10月
大日ケミカル株式会社を合弁で設立
1992年
7月
中国にたばこフィルター用アセテート・トウ製造販売会社Xi'an Huida Chemical Industries Co., Ltd.(西安恵大化学工業有限公司)を合弁で設立
11月
香港にDaicel(Hong Kong)Ltd.を設立
1993年
6月
兵庫県に姫路製造所広畑工場を新設
12月

セルロイドおよびアセテート・プラスチックの製造販売会社 上海大申繊維素塑料有限公司を合弁で設立

1994年
5月
水処理用分離膜モジュール製造販売会社のダイセン・メンブレン・システムズ株式会社を合弁で設立
10月
フランスに光学異性体分離事業の欧州拠点Chiral Technologies-Europe SARL(現 Chiral Technologies Europe S.A.S.)を設立
11月
上海に樹脂コンパウンド事業拠点Shanghai Daicel Polymers,Ltd.(上海大賽璐塑料工業有限公司)を設立
1998年
4月
兵庫県に西播磨研修センターを開設
1999年
4月
東洋スチレン株式会社を合弁で設立

2000~

2000年
3月
姫路製造所網干工場に統合生産センターが完成し、統合運転を開始
12月
米国に自動車エアバッグ用インフレータの製造販売拠点Daicel Safety Systems America,LLCを合弁で設立
2001年
1月
樹脂コンパウンド事業を分社化し、ダイセルポリマー株式会社を設立
樹脂製品事業を分社化し、ダイセルパックシステムズ株式会社を設立
10月
ダイセル化成品株式会社と株式会社ダイセルクラフトを合併し、ダイセルファインケム株式会社を設立
長野ノバフォーム株式会社と西日本ノバフォーム株式会社を合併し、ダイセルノバフォーム株式会社を設立
2002年
9月
中国のソルビン酸等製造販売会社のDaicel Nanning Food Ingredients Co.,Ltd.を買収
タイに自動車エアバッグ用インフレータの製造販売拠点Daicel Safety Systems (Thailand) Co.,Ltd.を設立
2004年
3月
ポーランドに自動車エアバッグ用インフレータの製造販売拠点Daicel Safety Systems Europe Sp. z o.o.を設立
4月
包装フィルム事業を分社化し、ダイセルバリューコーティング株式会社を設立
7月
中国に事業統括会社Daicel Chemical (China) Investment Co.,Ltdを設立
12月
中国に自動車エアバッグ用インフレータの製造販売拠点Daicel Safety Systems (Jiangsu) Co.,Ltd.(大賽璐安全系統(江蘇)有限公司)を設立
2005年
3月
中国に酢酸セルロースおよび無水酢酸の製造販売会社Ningbo Da-An Chemical Industries Co.,Ltd.(寧波大安化学工業有限公司)を設立
2007年
8月
中国に光学異性体分離事業拠点Daicel Chiral Technologies (China) Co.,Ltd.(大賽璐薬物手性技術(上海)有限公司)を設立
10月
大竹工場のたばこフィルター用アセテート・トウ製造設備が完成
12月
Daicel(Hong Kong)Ltd. を廃止し、中国の事業統括会社Daicel Chemical (China) Investment Co.,Ltd.に統合
2008年
3月
大阪府道高速大和川線計画施行による一部敷地収用に伴い、大阪製造所堺工場を廃止
大日本プラスチックス株式会社をタキロン株式会社に譲渡
4月
インドに光学異性体分離事業拠点Daicel Chiral Technologies (India) Pvt.Ltd.を設立
5月
大竹工場の液晶光学フィルム用酢酸セルロース(TAC)製造設備が完成
10月
三国プラスチックス株式会社の全事業をアロン化成株式会社に譲渡
2009年
7月
エタノール法酢酸エチルの製造を開始
2011年
10月

社名を株式会社ダイセルに変更

当社の社名は、創立時の大日本セルロイド株式会社から1966年にダイセル株式会社、1979年にダイセル化学工業株式会社と変遷してきました。当社は、セルロース化学、有機合成化学、高分子化学、火薬工学をコア技術に事業領域を拡大してきましたが、近年、自動車エアバッグ用インフレータに代表される組立加工型事業がコア事業に成長するなど事業の領域が化学工業の枠にとどまらなくなり、これからも化学をベースに、独自の技術・ノウハウで「化学工業」の枠を超えて発展していくという意思を社内外に示していくために、現在の「株式会社ダイセル」へ社名変更を行いました。

12月
韓国に自動車エアバッグ用インフレータの製造販売拠点Daicel Safety Systems Korea, Inc.を設立
2012年
4月
ダイセルノバフォーム株式会社と三井化学子会社の東北ポリマー株式会社を合併し、DMノバフォーム株式会社を設立
タイにDaicel Polymer(Thailand)Co.,Ltd.を設立
2013年
5月
三菱レイヨン株式会社のアセテート・トウ製造子会社の富山フィルター株式会社の発行済み株式35%を取得し、合弁会社化
2015年
3月
ユニチカ株式会社から生活健康事業を譲受
4月
自動車エアバッグ用インフレータ事業の米州第2拠点 Daicel Safety Systems America Arizona, Inc.を設立
5月
Daicel(U.S.A.),Inc.を持株・統括会社に発展拡大させ、Daicel America Holdings, Inc.を設立
北米のインフレータ事業を統括するDaicel Safety Systems America Holdings, Inc.を設立
米国に米州における有機化学品の販売およびマーケティング会社Daicel ChemTech, Inc.を設立
2017年
4月

「総合研究所」と「姫路技術本社」を再配置し、「イノベーション・パーク」として集約

従来の「総合研究所」では、新規事業創出や要素技術研究を担うコーポレート研究センターと、既存事業領域における新製品開発やコストダウンなどの検討を担う各事業カンパニーの研究開発部門が混在し、執務室も個別に配置されていました。一方、「姫路技術本社」には、ダイセル式生産革新やプロセス革新などを担う生産技術本部や、当社グループの環境保全・安全確保を推進するレスポンシブル・ケア室、プラントの建設・メンテナンスを担うエンジニアリングセンターが、それぞれ独立して配置されていました。これらの研究開発、生産技術、エンジニアリング、環境・安全などの技術部門を一つのサイトに集約、融合させることで、新事業創出、新製品や革新的プロセス技術研究、高効率の量産設備の開発を加速させています。

2018年
8月
ドイツの医薬品開発製造受託企業(CDMO)のLomapharm社(LOMA Holding GmbH, Lomapharm Rudolf Lohmann GmbH KG, Lomapharm Verwaltungs GmbHの3社)を買収
9月
台湾に独自開発のウェハーレベルレンズを活用した光学製品の設計・開発・販売拠点Daicel Micro Optics Co. Ltd.を設立
10月
インドに自動車エアバッグ用インフレータの販売拠点Daicel Safety Systems India Pvt. Ltd.を設立
2019年
1月
Chiral Technologies, Inc.が米国ゲノミクス企業Biodiscovery LLC(通称Arbor Biosciences)を買収
4月
北米インフレータ事業子会社6社を統合し、Daicel Safty Systems Americas,Inc.を設立
2020年
1月
パイクリスタル株式会社を子会社化
10月

ポリプラスチックス株式会社の株式追加取得を完了し、同社を完全子会社化

Cookieの使用について

当ウェブサイトでは、より快適にウェブサイトをご利用いただくため、Cookieを利用しております。当ウェブサイトをご覧いただく際は、Cookieの使用に同意ください。なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、Cookieの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。

詳細はこちら