飛んでくるのダ(テレビCM)

ダイセルは、2017~18年の年末年始と、18年夏の2回にわたって
テレビCM「化学で未来を変えるのダ」篇を放映しました。
そして「『ダ』のダイセル」のイメージをさらに多くの方に持っていただくため、2018年末から第2弾「飛んでくるのダ」篇を放映しています。
不思議な空間を移動しながら、暮らしの中の様々な場面で「ダ」が役立っている様子を見ていきましょう。

テレビCM「飛んでくるのダ」篇

CMのシーンからダイセルがわかるのダ!

「ダイセルって何の会社?」――こんな問いにひと言で答えきれないほど、ダイセルは様々なものを作っています。
テレビCMで登場したダイセルの製品を見れば、その幅広さ、そしてあなたの生活に欠かせない会社であることがわかるはず!

※画像にカーソルを合わせると、それぞれのシーンについて説明が見られます。

「ダ」のサプリメント もっと詳しく
「ダ」のロケット もっと詳しく

化学で未来を変えるのダ

「ダ」はもちろん、ダイセルの「ダ」。
ダイセルは1919年に「大日本セルロイド」として設立され、
長年「大セル」として顧客から親しまれてきた語感を生かして、
1966年に「ダイセル」となりました。
この「ダ」のデザインができたのは1979年。
その後も「ダイセル」の名前とその「ダ」はしっかりと受け継がれてきました。
2019年、ダイセルは100周年を迎えます。沿革はこちらから。